スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steel Panther / Lower The Bar (スティール・パンサー)

Steel Panther / Lower The Bar
SteelPanther4


ヘア・メタル・バンドのトリビュートからお下品なリリックと確かな音楽性で成り上がった米の4人組。
今作はあんまり耳に馴染まなかったので購入から結構間が空いてのレビュー。

スティール・パンサーの4th「Lower The Bar」`17年リリース。

tr.1 Goin' in the backdoor
まずは期待通りの勢いの良いポップなハードロック。リリックは暗喩程度にとどめてますが多分凄く御下劣。
リフにちょっとキレが足りないような気がしますがそれ以外は文句無し、即効性にも優れた逸品。

tr.2 Anything goes
いかにも80年代後半の味がするキャッチィなリフと陽性のメロディを持った、ちょい前のめり気味なミッド。
ドラムも金属音多めでおっさんの耳にしっくり馴染むちょうどイイ塩梅のやかましさ。

tr.3 Poontang boomerang
こちらはカウベルが効いたちょいブルージーなミッド。フックが分かり易いので即効性もそれなりに。

tr.4 That's when you came in
昨年リリースされたライヴ盤に収録済だったらしい楽曲のスタジオ版。
今作屈指の甘いメロディをアコギ主体で更に甘く仕上げた極上メロウ・チューン。
歌詞のおげれつさもやや控えめで、英語の分からない女子なら多分騙せると思うので有効活用してください。

tr.5 Longside of the tracks
70年代っぽいところのあるというかディープ・パープルっぽいリフが印象に残るハードロック。
リフ以外はポップで分かり易いいつもの感じ。

tr.6 Now the fun starts
これまでとは違う気だるさの漂うメロウ・ミッド。なにかモチーフがあるのかも。
コーラス・ワークが凝っていますがメロディが間延びしているのであまり耳には残りません。

tr.7 Pussy ain't free
ヴァン・ヘイレンっぽいパーツを散りばめて、メリハリを利かせたポップ・ミッド。
メロディにちょっと力が足りない気がしますが、ギターやアウトロの歌メロは確実に耳を捕えるハズ。

tr.8 Wasted too much time
パワーバラード寄りと言いますか、ハードに仕上げたメロウ・チューン。
即効性に優れたメロディと緩急付けたアレンジの良曲ですが、トラックはやや訴求力に欠ける気が。

tr.9 I got what you want
極めて単純なフックとリフが気持ちイイ、即効性に優れた軽めのハードロック。
初期のラットに似た安っぽくもスリリングな雰囲気がイカス逸品。

tr.10 Walk of shame
埃っぽさと泥臭ささが抜群にカッチョイイ、ブギーっぽく仕上げたポップ・ミッド。
サビ周りはそれなりに派手に分かり易く造られているので、この系統が苦手な方でも大丈夫。たぶん。

tr.11 She's tight
チープ・トリックの人気曲をカヴァ。原曲にしっかり忠実でロビン・ザンダーも客演してます。
特徴的なリフをしっかり生かしてゲストの配置も分かり易く、サービスの行き届いた上質のカヴァ。
PVにはチェリー・パイとボビー・ブラウンもフィーチュア。マイケル・ジャクソンの娘さんも出てるみたい。

○以下はボーナス・トラックとの表記有り。
tr.12 Red headed step child
クラシカルなダルくて重いハードロック。出来は程々。

tr.13 Momentary epiphany
ピアノとストリングス主体で仕上げられ細いコーラスが印象的な暗く沈み込んだスロウ。

○日本盤にはボーナスが1曲。
tr.14 Glory hole
前作収録でおげれつPVがどうかしてた楽曲のライヴ版。演奏上手なので当然出来は良いです。
対訳目当てで高い金払って日本盤を買っちゃった人には良いサービスかな。


しっかり良い曲を用意していますが、それがアルバム全体に貫かれてはいないと感じました。
ライヴでがっつり稼げるバンドなのでアルバムの出来なんて気にしなくてもイイんですけども。
今回迷っている方は見送ってもイイかな、と。楽曲ならtr.4が鉄板です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。