スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Charlie Wilson / In It To Win It (チャーリー・ウィルソン)

Charlie Wilson / In It To Win It
CW8


定番ネタ"Outstanding"を生み出したギャップ・バンドのメンバー。芸歴45年、御年64歳の大ヴェテラン。
若手との共演にも積極的で今作では6人の豪華なゲスト陣を引き連れて帰ってきました。

チャーリー・ウィルソンの8th「In It To Win It」`17年リリース。

tr.1 I'm blessed
T.I.をフィーチュアし、The Cartoonsというプロデューサー・チームが制作したほんわかポップ・ミッド。
シンプルなビートと清潔感のある音にT.I.が曲に溶け込み過ぎてしまった感がありますが、良曲。

tr.2 Chills
緩急自在な主役のヴォーカルを堪能できる、押し引きと即効性に優れたメロディを持ったメロウ・ミッド。
制作は御馴染みグレッグ・パガーニ、タイトルに合わせてか濃厚さは控えめながら素晴らしい仕上がり。

tr.3 Good time
ピット・ブルが客演したかなり明るいパ~リ~チュ~ンに仕上げられたアップ。ギャップ・バンド風かも。
凄いのはトークボックスとヴォコーダーにテディ・ライリー、ギターにはレイ・パーカーJr.を招いているところ。
トラックの主役はホーンなので随分と贅沢なゲストの起用です。制作は前述のカートゥーンズ(多分同名バンドとは別)。

tr.4 Us trust
ウィズ・カリファをフィーチュアしたかなりシンプルで静謐な雰囲気の漂うスロウ。
トラック以上にフックが単調過ぎて弱い印象がありますが、カリファのラップが素晴らしいアクセントに。

tr.5 Precious love
クラシック・ソウル風のトラックに張りのあるヴォーカルを乗せた安定感抜群のスロウ。
カートゥーンズによる柔らかい音の上で手加減しない濃厚なリードをしっかり聴かせてくれます。

tr.6 Smile for me
ロビン・シックをゲストに迎えたオールディーズ風トラックとメロディが素晴らしいメロウ・ミッド。
制作はパガーニですが、オルガンとロビンの相性が良過ぎてチャーリー叔父さんが喰われているような。

tr.7 In it to win it
パガーニ制作でtr.6に近い方向性の楽曲。ゲスト無しですが華のある声を持つチャーリーなので地味ではありません。
メロディが若干明るく分かり易いぶん、tr.6より派手に聴こえる程。

tr.8 Dance tonight
バウンシーかつシンプルな極めて分かり易いファンク・チューン。ただ、フックはあまりにも単調。惜しい。

tr.9 Made for love
ワーリー・モリス制作で、ダニー・ハサウェイの娘さんレイラ・ハサウェイをフィーチュアしたこってりスロウ。
感動押し売り型のバラードゆえに際立ってしまう叔父さんの歌の凄味に加えギターソロもなかなか効果的。

tr.10 Better
素朴にはねるギターが可愛い、レイドバック・チューン。語るような歌でコーラス等による装飾も一切なし。

tr.11 Gold rush
Gラップ界のゆるキャラにして甥っ子であるスヌープが客演、パーカッション主体のメロウ・ミッド。
やや緊張感のあるトラックとスヌープに対して叔父さんはリラックス気味ながらクールな仕上がり。

tr.12 New addiction
J.R.Rotemという方が制作、ギターにレイ・パーカーJr.を迎えたモータウン風の明るいポップ・ミッド。
ブリッジで一瞬力む以外は終始リラックスしており、もう少し派手目の仕上げでも良かったかな、と。

tr.13 Amazing god
ワーリー・モリス制作のゴスペル。ゴリゴリ系では無く爽やかな味付けで聴き易い。
メロディ、トラック、歌唱共に柔らか仕立てで耳にやさしい反面、終盤の盛り上げは不足気味。


前作「Forever Charlie」よりもソウル味が大幅に増えて従来の安心感を取り戻した作品。
凡曲はtr.8くらいでメロディ、プロダクションの質、楽曲のバリエーションも上々。ただ、主役の歌に熱が足りない気がします。
御歳の事を考えるとちょっと心配ですが、1曲で充分なので次の作品ではアゴが砕ける程の熱唱を期待しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。