Sixx: A.M. / Prayers For The Blessed (シックス・エー・エム)

Sixx: A.M. / Prayers For The Blessed
SixxAM5


ジェイムス、ニッキー、アシュバによるHRバンドの前作「Prayers For The Damned」の続編にあたる作品。
音楽的にはともかく、サポートのドラマー、2人の女性コーラスも揃えてビジュアル的にはモトリーっぽくなってます。

シックスA.M.の5th「Prayers For The Blessed」`16年リリース。

tr.1 Barbarians
冒頭のSEがちょっと邪魔ですがオープニングに相応しい勢いと即効性のあるメロディアス・ハード。
フロンティアズ系のメロハーに似てはいますが、リフがロケンロ~なのでアメリカンな味わいもあります。
アシュバのギターソロもたっぷり用意しておりインパクト充分な楽曲。

tr.2 We will not go quietly
キレとズルズル感を兼ね備えたトラックが抜群にイカす、へヴィ・ミッド。
パーカッシブなヴァースの歌メロでちょっと不安にさせますが、力強いメロディのサビを用意。

tr.3 Wolf at your door
腰の落ちたグルーヴとバウンシーなリフのヴァースからヒステリックなフックへ展開するへヴィ・ミッド。
メロディ自体は甘口ながら女声コーラスが効果的で攻撃的な仕上がりに。〆もコンパクトでイイ。

tr.4 Maybe it's time
冷たい質感のアコギにジェームスのビブラート過剰な寒い声が映える甘辛いスロウ。
トラックの装飾のわりに抑制の効いた品の良いメロディでギターソロも弾き過ぎず、大人の仕上がり。

tr.5 The devil's coming
縦にガンガン押してくるザックザクのリフとドラムが勇ましいアニメちっくなハードロック。
歌メロもトラックに合わせてドラマチックで甘め。

tr.6 Catacombs
DJアシュバのソロ。一分ちょいのシンプルなモノですが、かなりインパクトのある出来だと思います。

tr.7 That's gonna leave a scar
前のめりに疾走しつつもリフとベースでグルーヴも確保したヴァースと甘目のフックで構成されたHR。
ブリッジのギターソロも勢いと甘さを両立。tr.5と似てますがややこちらの方が出来がイイような。

tr.8 Without you
モトリー、ではなく、バッドフィンガーの人気曲のカヴァ。選曲がちょっと保守的過ぎますが良い仕上がり。
ヴァースのしょぼくれ感は原曲寄り、サビの過剰な盛り上げっぷりはマライア寄り、で両者のイイトコ取り。
彼らならではの部分としてはドラムとギターでハードロック然とした佇まいの演出に成功しています。

tr.9 Suffocate
掴みどころのイマイチ分からないアコギ・リフのヴァースとパワフルなフックの対比が印象的なハードロック。
凡庸なメロディをアレンジで強引にインパクトのある楽曲に仕立てた、ような。

tr.10 Riot in my head
こちらもアレンジの力が更に際立つメロウ・ミッド。メランコリックでへヴィな楽曲。
ブリッジではロック・オペラというかミートローフっぽいスケールの大きなコーラスが素晴らしい。

tr.11 Helicopters
ジェームスのしょぼくれた歌と爽やかなコーラスの落差が大きいスロウ。
メロディはちょっと弱いですがギターソロがしっかりカヴァーしており確かな聴き応えがあります。


前作よりもファットなプロダクションで愛想の良いメロディも揃えた超安定盤。
終盤メロディ、リフの質が悪くなりますがアレンジでがっつり聴かせるあたりは老獪です。
アシュバが適時良質なソロをしてくれるのでバンドとしての厚みも出た充実作。前作と合わせてどーぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。