スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

After 7 / Timeless (アフター・セブン)

After 7 / Timeless
After74


エドモンズ家のケヴォン、メルヴィン、ジェイソンとLAリードの従兄弟キースの4人組R&Bヴォーカル・グループ。
ベイビーフェイスことケネス・エドモンズらのプロデュースで21年ぶりにリリースされた新作をレビュー。

アフター・セヴンの4th「Timeless」`16年リリース。

tr.1 Runnin' out
イントロから強烈に漂うベイビーフェイスらしい爽やかな甘さを提供してくれる、スムースなスロウ・ジャム。
しっとり系のコーラスに程好くポップな歌メロ、押し引きを弁えつつも充分な量のフェイク、とりあえず欲しいもの全部入り。

tr.2 Let me know
PVも用意された楽曲。制作は童顔師匠、ダリル・シモンズ、アントニオ・ディクソンらが参加したスロウ。
丁寧なコーラスと多彩なフェイクで派手に仕上げたフックはB2M/End of the roadを想起させる逸品。

tr.3 More than friends
ダリル、アントニオ、ベイビーフェイスが制作していますが、やや現代風のシンセ主体のメロウ・ミッド。
♪ガチャビン、ガチャビン♪のフレーズが妙に印象に残ってしまいますが、即効性に優れた楽曲です。

tr.4 I want you
師匠のアルバムに先駆けてリリースされた楽曲の師匠のリード入れ替えver.。制作はダリルと師匠。
トト/Georgie porgyに似たヴァースから鮮烈なフック、フェイクが乱れ飛ぶアウトロまで全く隙のないポップ・ミッド。
固めのドラムに軽やかなピアノ、煌びやかなシンセとモーグ・シンセによる味付けがなされたトラックも完璧。

tr.5 Too late
制作はダリルとDavid Andrew Edmonsという方。ヴォーカルでも参加している彼もベイビーフェイスの血縁でしょうか。
それなりに派手なトラックを用意していますが、ヴォーカル主体で聴かせるしっかりしたメロウ・チューン。

tr.6 Lovin' you all my life
ダリルと師匠による、トラックも歌メロもポップス方向に大きく舵を切ったポップ・チューン。
90年代に多くいたボーイズバンド系の楽曲でアフター7向きとは言い難いですが、即効性は抜群。

tr.7 If I
イントロやフックがディール/Sweet Novemberをしっとりさせた様に聴こえる激甘メロウ・ミッド。
制作は師匠とダリル、今作中の曲ではコーラスとリードの関係が分かり易くなっており懐かしい手触りです。

tr.8 Everything
ココからの3曲は師匠抜きです。制作はDemonte Poseyとダリル、細いコーラスを重ねたメロウ・ミッド。
トラック、歌メロともちょいスリリングで分かり易い仕上がり。

tr.9 Betcha by golly wow
スタイリスティクス及びコニー・スティーヴンス/Keep glowin strongのカヴァ。制作はtr.8と同じ。
昨年鬼籍に入られた殿下もカヴァしていた人気曲ですが、アフター7のモノはシンプルかつ圧倒的。
スタイリスティクス版のドリ~ミ~感を大きく増し、ドラマチックなのに極めて落ち着いた仕上がりに。

tr.10 Home
ゴスペルにも似た荘厳な雰囲気を醸し出すこってり系のスロウ。
プロデュースの方向性がtr.9と似てしまっているのでやや冗長な印象があり、〆としては物足りないかも。


会心の一発"I want you"だけではなく聴き所の多い素晴らしいアルバム。師匠抜きでダレる終盤にはtr.9という一撃を用意。
ジャケットから窺える老けっぷりからは想像も付かない強力なメロディと逞しい歌唱が詰まった作品です。
個人的に残念なのはこっそり期待していたJonBの不参加。替りに3rdと比べてソウル純度は高めになっております。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。