スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キース・スウェットの新譜を購入。

ゴールドスワガーに続いて秋葉原のタワレコでキース・スウェットの新作をゲットんとん。

Keith Sweat / Dress To Impress
KeithSweat12

前作「Till The Morning」から5年振り12枚目。
今年素晴らしい新作をリリースしたシルク、まだ活動中ドゥルー・ヒル、更には故ジェラルド・リヴァートらがゲスト。
いずれもキースと関係の深いシンガーが揃ってて、もうゲストの名前だけで座りしょんべんが止まらない。
レビューはこちら。


で、こんな曲もありまして。

Make it last forever、Nobodyの系譜といえる新人女性シンガーをフィーチュアした激甘スロウ。
グローバー・ワシントンJr.、ビル・ウィザースの名曲とは別の曲だけど破壊力は抜群。


更にはこんな曲も。

オートチューン以降忘れがちですが、ヴォコーダー使い、と言ったらキース師匠…いやちょっと待て。
これ、トークボックスじゃないですか!ボクサーはByron Chambersっつう方。

あとはあんまイケてないけど懐かしい感じのアップなんかも収録。 買え。今すぐ買いに走れ。


んで、今更なんですが、この曲がめっちゃツボに入ったんで

去年出たデフ・レパードのセルフ・タイトル盤をやっとこ入手。
こんなオサレなミッド・ファンクが演れるとは。でもスラングに似てるね。
クイーン/Another one bites the dustにも似てるって聞くんですけども、コレはファンクであってクイーンではない、と思う。多分。
レビューはこちら。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。