スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Silk / Quiet Storm (シルク)

Silk7 

キース・スウェットの支援を受けてデビュー、しょ~げきのエロ歌"Freak me"で知られるR&Bヴォーカル・グループ。
情熱的な歌唱が特徴的なリル・Gが復帰してからは初となるフル・アルバム。


シルクの(カヴァー盤含む)7th「Quiet Storm」`16年リリース。

tr.1 Quiet storm
一瞬スクリュード・ミックスかと思う程、まったりこってりねっとり展開される濃厚スロウ・ジャム。
清涼感溢れる滑らかなコーラスに多彩なリードをたっぷり聴かせてくれる、これぞシルクな逸品。
イントロ風の造りながら、しっかり5分超えの大作。制作はダレル・ディライト・アランビー。

tr.2 Love 4 u to like me
ワーリー・モリス制作、ドリ~ミ~かつシルキ~なトラックに聴き所満載なヴォーカルの激甘メロウ・チューン。
手数の多いドラムに疾走感のあるメロディながら極めて爽やか、訴求力に優れた贅沢な仕上がりの逸品。

tr.3 Slow grind
クレジットによるとリルGも作曲に関与している、気だるいスロウ。
3rdアルバムに似た雰囲気のちょい重めの曲でゴージャスな音が懐かしい。

tr.4 Baby suit
ダレル制作曲その2、やっぱりまさにあの頃のシルクそのものな、とろとろスロウ。
音数絞って繊細かつ重厚なコーラスとリードの回し絡みをこれでもかと詰め込んだ楽曲。

tr.5 She's the one
ヒップホップ色の強いトラックにちょいばらけたコーラスとワイルドなリードを乗せたジョディシ風のミッド・ファンク。
B2Mとジョディシの中間を行くスタイルの彼らなので違和感は全く無し。

tr.6 Billionaire
ワーリー・モリス制作、エレクトロ系のシンセをフィーチュアした即効性抜群のポップ・ミッド。
愛想の良い歌メロと音、トラック、コーラス、リードの配分も絶妙な匙加減、と隙のない仕上がり。

tr.7 On my mind
ワーリー制作、クリスピーなパーカッションが心地よい、ほんわかメロウ・ミッド。
ヴォーカル・エフェクトを薄めながら多用しているようでシルクっぽさは薄いですが良曲。

tr.8 Baby maker
先日訃報のあったプリンスを想起せずにはいられない、むずがゆいファルセットを多用した激甘スロウ。
派手さはありませんが、浮遊感たっぷりの柔らかい仕上がりで、奥様うっとり子沢山間違い無し。

tr.9 I love you
ダレル制作曲その3、ちょっと現代的な部分も散見されるこってりスロウ。
手数の多いドラムに違和感が無くも無いですが、概ね良好な出来だと思います。

tr.10 Only takes one
なんとK-Ci&ジョジョ風味の売れ線ど真ん中の即効性に優れたメロディを持った激甘メロウ・ミッド。
フックはリルGがリードを取っておりK-Ci成分多めなので濃い口がお好みの方でも充分楽しめるハズ。
制作はワーリーで流石のバランス感覚と確かなソングライト能力が光る、素晴らしい〆の楽曲。


どこかメイン・ストリームに背を向けていた印象のある彼らもR&Bを取り巻く状況に売れなきゃならん、と覚悟を決めた模様。
旧来のファンが望む要素はほぼ全て満たしつつ、ポップな楽曲もいくつか用意して非常に充実した作品になりました。
あと足りないのはキース師匠の参加という話題性のみ。次のアルバムで実現するよう、R&Bファンは一人一枚、是非。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。