スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lil Rob / R.I.P. Recording In Progress (リル・ロブ)

Lil Rob / R.I.P. Recording In Progress
LilRob8


デビュー以来変わらぬゆる~いフロウと甘口のトラックを聴かせてくれるチカノ・ラッパー。
オールディーズねたのミッド・ファンク、という芸風を未だに守っている信頼のおけるラッパーです。

リル・ロブの9th「R.I.P. Recording In Progress」`14年リリース。

tr.1 Good game
彼にしても初かもしれない、正統派のウェッサイ・オールド・スクール・ギャングスタ・ラップ。
高音シンセに硬いハンドクラップなど、いわゆるGファンク的な音とグルーヴがテンコ盛り。
それでいて厳ついわけではなくそこそこ愛想の良い楽曲に仕上がっており楽しく聴ける傑作です。

tr.2 Daddy's home
ちょっと耳障りで単調なピアノにサックスを絡めた重めのミッド・ファンク。
特に出来の良い曲ではありませんが、気だるくもメリハリのあるトラックは耳に残ります。

tr.3 Been there done that
ドゥワップ系のオールディーズ使いと思われる、ゆるふわポップ・ミッド。
歌モノではなく全編ロブのラップですがフックも含め分かり易い出来。

tr.4 Yo baby to
それなりにタイトなトラックにほんわか系のフックを乗せたかなり明るいポップ・ミッド。
子供向けに造ったのかと思う程分かり易く、ここまで屈託なく明るい楽曲は珍しいです。

tr.5 Thinking twice
ピアノ主体のトラックに浮遊感たっぷりのコーラスを乗せたオールディーズ系ゆるゆるメロウ・ミッド。
リル・ロブを象徴するスタイルなので当然出来も素晴らしいです。
ロブ自身が強盗を演じる、コミカルな中にショッキングな場面が用意されたPVもオススメ。

tr.6 Back in the day
スクリュード・ヴォイスやハズしたドラムなど、ほんのり現代的な意匠を施したミッド。
フックの出来が良いのでもう少し愛想の良い仕上がりになっていれば、と思います。

tr.7 Party over here
浮遊感のある歌まじりのフックにボンサグを思い出す、ピアノがキュ~トなメロウ・ミッド。
フックではやや現代的な意匠を施しつつフックはシンプルに仕上げたトラックでメリハリも巧み。

tr.8 Who do you think you are
Rane Batres という女声ヴォーカルをフィーチュアした70年台ソウル風のちょい渋ミッド。
ブラック・スプロイテーション・ムービーに合いそうなム~ディかつ妖しい雰囲気。

tr.9 Second chance
微妙にくすんだ質感のトラックが主役に良く合う、乾いた甘さのレイドバック・チューン。
ぼんやり系のコーラスを重ねているのでコレもちょっとだけボンサグ風の印象的なフックがあります。

tr.10 Start brand new
既聴感ありありのソウルねた、なんですがどうにも思い出せません。
しっとり系の上品なトラックにファルセットによる歌フックが乗るひたすらドリ~ミ~な黄昏スロウ。
ブリッジのギターも極上、ぼそぼそとつぶやいているだけのしょぼくれたラップも完璧にハマっています。

tr.11 Keep it gangsta
タイトルどおりのギャングスタ・ラップらしい煙たく重いミッド・ファンク。
重厚なストリングスも入れてそれっぽく仕上げてはいますが、気の抜けたフックはイマイチ。

tr.12 They don't know me
プリシラ・Gというフィメイル・ラッパー/シンガーをフィーチュアした気だるいエレクトロ。
簡素なビートに音数を絞ったウワモノで緊張感はありますがダルさの方が上回っており、凡庸な出来。

tr.13 Everywhere I go
もっさりしながらもクリスピーなハンドクラップでバウンシーに聴こえる、ゆるゆるミッド・ファンク。
主役もサビこそゆるいですがヴァースはそれなりにタイトなフロウを用意しており地味ながら旨味のある良曲。

tr.14 Always on my mind
前述のプリシラ・Gが再登場し、今度はがっつりインパクトのあるメロウ・ミッドを聴かせてくれます。
プリシラの絡むフックは極めて単純ですが派手なプロダクションもあって非常に高い即効性があります。

tr.15 Hey girl
現代的なエレクトロ・ポップ風のプロダクションを施したきらきら感あふれるポップ・チューン。
リル・ロブの楽曲としては異例の作風ですが曲順のお蔭か違和感はかなり抑えられ、イイ塩梅にチープです。

tr.16 Caught up
こちらはエレクトロ風の音を散りばめつつも、リル・ロブっぽさは保っているポップ・ミッド。
即効性の高いフックはヴォコーダー風、無理の無い明るさと程良いファンクネスを兼ね備えた良曲です。


今作でも大部分の楽曲を手掛けているMooxとの協力体制もいよいよ完成形、と感じられるほどバランスの優れたアルバム。
tr.12は捨て曲っぽいですが、他はどれも水準以上のサビやトラックが用意されており満足度の高い逸品です。
目の覚めるようなキラー・チューンこそありませんが、ヴェテランならではの抜群の安定感で確かな手応えが得られるはず。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。