スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年のお気に入り。

あけおめことよろ、というには遅いし寒中見舞いにはやや早い。
むずがゆいタイミングですが本年もヨロ。

昨年2015年の個人的なお気に入り。 2014 2013


○まずは曲単位で。

no.1 Goodnight kisses / Charlie Wilson

アルバムの方はちと期待外れだったけど、イイ曲はちゃんとある。
オールディーズ風のコレが特に。

no.2 You're not my kind / Five Finger Death Punch

ボートラ扱いなのが勿体ない、前のめりオットコマエ系。
フックが結構ポップなのもサービスいいね。

no.3 Chaise lounge / Tamia

アルバムでは地味な方の曲だけど、出来は完璧。
タミアってホント巧い歌手だな、と再々々々々確認。

no.4 Every moment / Jodeci

皆が待ってた皆が聴きたいジョディシのスロウ。
ちょっとK-Ci&Jojoっぽい親しみ易い歌メロ。

no.5 If only for tonight / Hinder

ヴォーカル交代のダメージをはねのける、説得力溢れまくる渾身のスロウ。
アップ多めのアルバムなんでありがたみも高め。


○アルバム毎

no.1 Five Finger Death Punch / Got Your Six
5FDPGY6
迷ったけど頭の悪さを買って5FDP。
スキップする必要全く無し、とても良く出来た一枚。

no.2 Disturbed / Immortalized
DisturbedImmo
迷ったけどロックと知性は相性悪いんでこの位置。
活動休止しても魅力と品質は変わらず高めで安定。

no.3 Tamia / Love Life
Tamia6
デフ・ジャムからのリリースでしっかり売れる布陣でしっかり売れた。
終盤いらない曲が数曲あるんでビジネスも程々にしていただければ、次作も傑作になるんじゃないでしょか。

no.4 Trixter / Human Era
Trixter4
リリース出来ただけでも充分満足、出来も上々。
内容も前作同様ポップなアメリカン・ロック。

no.5 Hinder / When The Smoke Clears
Hinder/WhenTheSmokeClears
全く話題になってなかったみたいだけど、相変わらず素晴らしい。
ここで踏ん張ってもう一回ドカンと売れて欲しい。


○特別賞的なやつ

そういえばアルバム・レビューしてなかったけど、結構良かったブラクストンズ。
ま~ミニ・アルバムだし企画盤だし季節モノだし。10か月後くらいにレビュウします。レビューはこちら。
TheBraxtonsFC


このまま調子に乗ってフル盤を是非制作して欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Charlie Wilsonかっこいいですね〜。
チキチキしてるけれど気にならないしキックが好み♪
ファットなトラックにチョイエロな歌メロと
「裏グルーヴィー」なカンジでごちそうさまです。
この辺は深夜番組「BIG Special」が終わってからはなかなか知り合えなくて
heyzoさんだのみでございます。

Re: ドナドナさん

毎度どうもです。

チャーリーおじさんのコレ、気に入って頂けましたか。
このほんわか感、彼の楽曲でも珍しいタイプだったりするんですけどね。

>「裏グルーヴィー」

そう、選ばれしおっさんにしか出せない、かもしれない、旨味があると思います。

>heyzoさんだのみでございます。

頼まれました。
更新は激減しておりますが鋭意努力してまいります。
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。