スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trixter / Human Era (トリクスター)

Trixter / Human Era
Trixter4


HRがグランジに駆逐される直前にデビューしたため、大きな成功を収めることなく解散するも`13年に再デビュー。
前作もさほど話題になっていなかったと思うのですが、フロンティアズから無事に発売された2作目をレビュ。

トリクスターの4th(カヴァー・アルバム除く)「Human Era」`15年リリース。

tr.1 Rockin' to the edge of tonight
サビで繰り返されるタイトルのハネ感が気持ちイイ、即効性に優れたポップ・ミッド。
イントロがちょっと弱い気がしますがオープニングを飾るにふさわしい素晴らしい楽曲です。

tr.2 Crush that party
ちょいへヴィで泥臭い音ですが、前のめりに疾走するハードロック。
攻撃的なリフの割にサビは落ち着いてしまっているので、分かり易いけどインパクト不足。

tr.3 Not like all the rest
甘めのリフとメロディを持ったヴァースと力強くポップなフックでコンパクトにまとめた良曲。
曲が短い割に終盤のメロディの気の利いたアレンジではほんのり切ない余韻も残す、巧みな仕上がり。
メロハーと言っても良い味わいの楽曲ですが、くどさが全くないのであっさりめがお好きな方は、是非。

tr.4 For you
バラードっぽいタイトルですがドラムを前に出して突っ走る、勢い任せのハードロック。
メロディもリフも大した出来ではないですが、ブリッジのギターソロ含めスリリングな仕上がり。

tr.5 Every second counts
甘切ないメロディとギターでしっかり聴かせるメロディアス・ハード。
フックでのリフがイイ感じに甘さを引き立てており、素晴らしい出来。ブリッジはイマイチですけど。

tr.6 Beats me up
アコースティック・ギターをフィーチュアした柔らかい音とメロディのスロウ。
ありがちなタイプのバラードに仕上がってはいますが、出来はかなり良いと思います。

tr.7 Good times now
スロウとミッドの中間くらいの楽曲で甘いけれどエッジとパワーも兼ね備えた贅沢品。
ハードロック・バンドのバラードとしてイイ湯加減で、ブリッジの歌メロも上出来。

tr.8 Midnight in your eyes
隙間多めのヴァースと派手なフックでコントラストをはっきりさせた、ちょいブルージーなポップ・ミッド。
珍しく5分超える楽曲ですがシンプルなサビが耳に残るせいか冗長さはあまりありません。

tr.9 All night long
やや速めのトラックと甘めの歌メロを持ったハードロック。
サビがちょい弱いんですが、即効性もそれなりにありヒステリックなギターソロも印象的。

tr.10 Soul of a lovin' man
ラット風味の猥雑なリフとグルーブを持ったリフがかっちょイイ、泥臭ミッド。
どってことの無いメロディのお蔭でトラックの良さを堪能できるので、個人的にお気に入り。

tr.11 Human era
〆かつタイトル・トラック、なんですが中途半端な出来のメロディアス・ハード。
思い切ってハードな部分を切り捨てた方がスムースなメロディ・ラインを生かせたのでは。

○日本盤にはボーナス・トラックとしてtr.6 Beats me up のアコースティック版が収録。無用の長物につき輸入盤推奨。


終盤に弱さが見られるものの、豊富な色あいの楽曲を分かり易いサビと音で楽しめる良盤。
米ハードロック・バンドの中庸とでも言うべき音楽性の万人向けの作品で、曲も高めで安定しています。
前作よりもメロディの平均値が向上しているので前回見送った方も是非、購入の検討を。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。