スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BB Mak / Sooner Or Later (BB マック)

BB Mak / Sooner Or Later (US仕様日本盤)
BBMak/SoL/USJPN

高いソングライト能力を持った英国出身の3人組ポップ・ロック・バンド。
日本盤より遅れて発売されたワールドワイド・デビュー盤で収録曲の半数は入れ替え。

BBマックのデビュー盤「Sooner Or Later」`00年リリース。

tr.1 Love is leaving
新曲。繊細なギターとファルセットに爽やか過ぎるコーラスが絡むメロウ・ミッド。
メロディも美しいですが特にブリッジのそれは短いながらも絶品。

tr.2 I'm not in love
新曲。あからさまに爽やか過ぎるポップ・チューン。
即効性に優れてはいますが見事なまでに引っ掛かりの無い無難な出来。微妙にコレジャナイ感が。

tr.3 Unpredictable
新曲。これもあからさまに爽やかなポップ・チューン。
コーラスやトラックがやや派手でプロダクション過剰気味。

tr.4 Ghost of you and me
新曲。これも狙いが露骨な曲ですが音数を控えたスロウのため、らしさは出ています。
ブリッジはメロディ、アレンジともに派手になりますが充分許容範囲に収まるかと。

tr.5 Love on the outside
新曲。自作曲でほんわか感が心地良い、まろやかな味わいのメロウ・ポップ。
ヴァース部分に余計な工夫が見えますが抑えたプロダクションも実に良い湯加減の良曲。

tr.6 Always
新曲。イントロのフィドルに嫌な予感が漂いますが実態は極めてシンプルな小品。
ビジネス上の小細工など彼らには不要であることが如実にわかる曲です。

tr.13 Mary's prayer
「"米国制作デビュー盤"の日本盤('00)」に収録されているボーナス・トラック。
ほんわか系のメロウ・ミッド。恐らくプリ・プロ段階と思われるシンプルな仕上がり。
コーラスを少し重ねる程度、もしくはこのまま本編収録すべきクオリティの楽曲です。


○以下tr.12まで日本盤の再録曲。日本盤を聴いていればはっきりわかるリミックスは施されています。
  米基準のミックスのせいかヴォーカルを抑えてボトムをやや強調して立体的な仕上がり。

tr.7 Back here
英国中心にヒットした極めて訴求力の高い名曲。音のバランスを変えた程度。

tr.8 Next time
音は派手になったけど曲の印象は薄くなりました。

tr.9 I can tell
コーラス増量でサビがやや強くなった印象。

tr.10 Still on your side
メリハリが薄くなり滑らかな仕上がり。オリジナルと甲乙つけ難い良ミックス。

tr.11 Can't say
くすんだ音と透明感あふれるコーラスの対比がぼやけてしまい旨味は後退。

tr.12 Again
かなり地味なスロウを聴き易く。ただ、他に選ぶべき曲があったような気が。


新曲はtr.2、3が邪魔臭いですがオリジナル盤を聴いてなければ気になるレベルでは無いはず。
とは言え、元々UKらしさの薄い作品だったところに余計な事しやがって感はなかなかキツめ。
基本的にメロディはどれも良いので判断は難しいですが彼らのナヨい魅力は薄くなっているのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ん〜。なんか良さそうな気がする。
そうゆう匂いがする。
この匂いは盤からしてるのかレヴューからしているのか
気になるのでチェックしてみますです

Re: ドナドナさん

毎度どーもッス。

いわゆるボーイズ・バンド系なんですが、曲を聴くとしっかりしてます。
”Back Here”1曲のためだけに入手しても多分大丈夫。
っつうかBack hereだけでもいいので是非聴いてみて下さい。
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。