スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Toto / 14 (トト)


TOTO XIV~聖剣の絆 [Blu-spec CD2]TOTO XIV~聖剣の絆 [Blu-spec CD2]
(2015/03/18)
TOTO

商品詳細を見る


幅広い音楽性と確かな実績により、多方面から敬意をあつめるヴェテラン・ロック・バンド。
一度は解散してしまいましたが、いろいろあって復活し制作された新作をレビュ。

トトの12th「14」`15年リリース。

tr.1 Running out of time
透明感のあるギターが疾走する爽快かつスリリングなメロディアス・ハード。
めちゃくちゃカッコイイんですが、ヴォーカル以外の音を聴こうとすると、集中できない音。

tr.2 Burn
シンプルなピアノから始まり、重厚な造りに圧倒されるスケールのでかいスロウ。
ギターの音が何故かボストンに似ていてなんか得した気分になったり。

tr.3 Holy war
ちょいスウィングしてるグルーヴがオサレな爽やかハードロック。
やっぱり聴き取りずらいんですがフックのピアノもなかなかオサレです。

tr.4 21st century blues
タイトルどおりブルージーで気だるいミッド。サビ周りは爽やかコーラスを配置して結構爽やか。

tr.5 Orphan
静かな導入部をあっさり裏切る疾走系メロディアス・ハード。
随所でギターのエッジを立てたりしており直線的な楽曲の割に多彩な印象を受けます。

tr.6 Unknown soldier
副題はfor Jeffrey。重厚な中に甘い音も散りばめたメロウ・チューン。
メロディの愛想は控えめなので今作では比較的地味な楽曲。

tr.7 The little things
繊細なギターと浮遊感のあるコーラスで聴かせる鬼キュ~トな激甘メロウ・ミッド。
印象的な歌メロと柔らかいリード・ヴォーカルも素晴らしい、即効性に優れた逸品です。

tr.8 Chinatown
重さと鮮烈さを交互に繰り返すヴァースから耳を持っていく、まったり系メロウ・ミッド。
フックは弱めですが、得意のカッティング・ギターも多めに聴ける、お好きな方にはタマラン仕上がり。
特にブリッジからのAOR感というかソウルをまき散らすミュージシャンシップ溢れる展開はイカす。

tr.9 All the tears that shine
浮遊感溢れるゆるふわスロウ。今作では影の薄いパーカッションもそれなり聴こえ"Africa"っぽい面も。
ただ音のバランスやゆるめのメロディのため、迫力は控えめでしっとり仕上げ。

tr.10 Fortune
ジャジィに跳ねるピアノが甘いグルーヴを生み出す、今からネタ使いが楽しみになってしまうメロウ・ミッド。
渋めのギターソロとピアノの絡みが楽しめる終盤はトトならではの味わいでしょう。

tr.11 Great expectations
ちょっとラテンっぽい情熱的なリフでピアノが力強く疾走する、爽やかメロディアス・ハード。
多彩な要素を入れ緩急とメリハリを付けているのでプログレっぽくもあり今作ではやや難解な曲かもしれません。

○日本盤にはボーナス・トラックが1曲。
tr.12 Bend
繊細な音とヴォーカルで構成された静かなスロウ。
メロディも地味な小品なので無くても問題は無いと思われます。


数々のヒット曲を生み出しながらもアルバムとなるとちょっと難解な部分もある彼らですが、今作は分かり易い曲ばかり。
多彩な音と音楽性を愛想の良いメロディで聴かせてくれるサービス精神に富んだ作品です。
ただ、リード・ヴォーカルが入ると途端に他の音が奥に引っ込んでしまうプロダクションには大いに不満があります。
もしかするとBlu-specCD2という仕様のせいかもしれませんが、人によってはディスクを割りかねない音です。
良いメロディが聴きたいだけならわざわざTotoを選ぶ必要はありません。購入前には念入りな試聴を、是非。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお。東洋陶器の新作が出てたんですね!

僕の人生をねじ曲げた10枚をあげるならTOTOは入るカモってバンド・・・
チェックせねば〜

Re: ドナドナさん

毎度どうもです。

はい、とうとう出たんです。

個人的には音ががっかり過ぎてショックだったんですが…

楽曲の質はしっとり系でそこそこポップなモノが揃ってますんで、
聴いてみてくださいな。
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。