スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bon Jovi / Crush (ボン・ジョヴィ)


クラッシュ+3クラッシュ+3
(2012/03/21)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る


昨年リッチー・サンボラが脱退、現在は3人組となったヴェテラン・ハードロック・バンド。
長年にわたり本国は勿論、ヨーロッパ、アジア圏と真に世界を席巻、未だに出せば売れるバンド。

ボン・ジョヴィの7th「Crush」`00年リリース。

tr.1 It's my life
リッチーのトークボックスから始まる"Livin on a prayer"を踏襲したへヴィ・ミッド。
BPMの遅さもあって音造り以上にへヴィなグルーヴに力強いメロディが乗るヒット曲。
売るための楽曲をしっかり造って目論見通りしっかり売った、王道を行く者の風格に溢れた傑作です。

tr.2 Say it isn't so
ポスト・グランジの一角を担ったギター・ポップ系のアレンジを施した軽いポップ・チューン。
ファルセットを多用した、彼らとしては異例の曲調ですがジョンのソロ活動の成果と言える曲かも。

tr.3 Thank you for loving me
上品なストリングスで飾った甘く侘しいスロウ。
非常に良くできた曲ですが、アルバム前半にもってくるにはまったりし過ぎた印象も。

tr.4 Two story town
歌メロやコーラスに泥臭さは残るものの、それなりに現代的なスタイルのメロウ・ミッド。
ブリッジ周辺では従来の彼ららしいブルージーな音が聴けます。

tr.5 Next 100 years
ジャニーズ事務所の企画に提供したらしい曲のセルフ・カヴァ。
オリジナルを未聴なので比較は出来ませんが、冗長ながらも、まぁ、悪くないスロウ。

tr.6 Just older
ギター・ポップ風に聴かせるヴァースから、フックで思い切りボン・ジョヴィになるポップ・ミッド。
音にハッタリが足りない分、ヴォーカルの雑さが出てしまっていますが、即効性抜群の良曲です。

tr.7 Mystery train
イントロからスケールの大きさを感じさせる陽性のメロウ・ミッド。
歌メロは派手さに欠けるものの、非常に良くできておりジョンの歌も丁寧で分かり易い仕上がり。

tr.8 Save the world
ちょっと大仰なストリングスが入ってはいますが、渋めのギターを主役にしたトラックのまったりスロウ。
色々な面で世間に日和過ぎた印象を受けるので好みは分かれるでしょう。

tr.9 Captain crash & the beauty queen from Mars
オールディーズ感漂うほんわかメロウ・ポップ。プロダクション、歌メロともに極めて愛想の良い楽曲です。
今作のポップス寄りの楽曲でも彼らの音楽性と良く合っており、HR的な臭みゼロながらも違和感なく聴けます。

tr.10 She's a mystery
とろ~んと黄昏るギターが主導するシンプルな音のスロウ。
歌メロもついでに間延びしてしまっているのでちょっと冗長。

tr.11 I got the girl
気だるく展開されるヴァースをフックであっさり裏切る前のめりなポップ・チューン。
特にブリッジのギターソロからはロケンロ~ルしており、全編に配されたムーグ・シンセもカッチョいい。

tr.12 One wild night
珍しくドラムとベースが主役となるバウンシーでファンキーな楽曲。
彼らの大成功に大きく貢献したデズモンド・チャイルドが作曲に参加しているようです。
わんぱくなコーラスにほんのりLAメタル臭さも窺える、即効性に優れた楽曲。

○以下ボーナス・トラック。tr.12の出来が良くちょい蛇足気味なので購入前は要検討。
tr.13 I could make a living out of lovin' you
語りの後、40秒ほど無音がありますが、かつてのボン・ジョヴィらしさが垣間見えるロック・ナムバー。

tr.14 Neurotica
イントロのほんの一瞬だけメタリカっぽいですが、実態は普通のポップ・ミッド。
荒っぽい仕上げのせいかよりギター・ポップ的に聴こえる若い曲。


エッジを落としてポップス方面に路線を変えつつ、"It's my life"で古参のファンにもアピールし、成功したアルバム。
ただ、セルアウトに徹し切れているわけでもないようで、各曲の訴求力は過去作と比較してもやや弱め。
HRバンドとしてのボン・ジョヴィを期待する方はスルーで、大物のヒット作を聴きたい方は、どーぞ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

この頃になるとBONは気にもしてなかったですが
むかし彼女がコレ持ってたので試しにさらっといってみたら
「Say it isn't so」スッげハマリました

Re: ドナドナさん

毎度どうもです。

このアルバムって爽やかポップな曲が多いんで聴きやすいんですよね。
ま~このアルバムから私はBONと距離を置きだすわけですが…

同路線で「Have a nice day」もかなりイイと思いますよ。
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。