スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sixx: A.M. / Modern Vintage (シックス・エー・エム)


Modern VintageModern Vintage
(2014/10/07)
Sixx: A.M.

商品詳細を見る


モトリーのニッキー・シックス、ガンズのDJアシュバにソロシンガーのジェームス・マイケルを加えたバンド。
ただ、プロデュースのみならずエンジニアにまでクレジットされているのはジェームスだったり。


シックス・エー・エムの3rd「Modern Vintage」`14年リリース。

tr.1 Stars
それなりに現代的な音で装飾された鬼キャッチィなハードロック。
哀愁の漂う甘めのメロディの出来が非常に良く、特にフックは即効性抜群です。

tr.2 Gotta get it right
元ネタとまでは言いませんが恐らく何か具体的なモチーフとなったバンドがありそうなポップ・ミッド。
クラシック・ロックの分かり易さがノイズに埋もれる事無くストレートに伝わる、陽性の楽曲。

tr.3 Relief
ジェームスの抑えた歌唱が渋いヴァースと甘切ないフックの対比が鮮やかなメロウ・ミッド。
大人向けにちょっと派手さを抑えたメロハーといった趣の落ち着いたハードロック。

tr.4 Get ya some
スティール・ギターを使ったシンプルな音でメランコリックな雰囲気のメロディを持ったメロウ・チューン。
フックに不安定なファルセットを使用しているのでやや不気味な味わいで素直な甘さはありません。

tr.5 Let's go
単純なノリのリフに汗臭い♪ヘイ♪がのる、極めて分かり易いハードロック。
デジタルな装飾はしっかり施してありますが楽曲そのものの単純さが勝る、男の子向けの逸品。

tr.6 Drive
ザ・カーズのヒット曲のカヴァ。オリジナルよりもメリハリを強調し、ドラマチックなスロウに仕上げ。
原曲のAOR的なオサレ感も雰囲気は薄れゴリっとした音で構成しアルバムに溶け込むよう重めにアレンジ。

tr.7 Give me a love
モトリー・クルーでやっても良さそうな攻撃的でポップなハードロック。

tr.8 Hyperventilate
前のめりな縦押しリフとドラムで疾走するメロディアス・ハード。
音量こそ控えめながらシンセの音質なども北欧産のそれに似た雰囲気があります。

tr.9 High on the music
ちょい気だるいノリのミッド。今作中では退屈な出来かと思います。

tr.10 Miracle
ディスコちっくなドラムと明るいなメロディを持ったポップ・チューン。
プロダクションの方向性次第で現代的なグルーヴ・メタルになったと思いますが、あくまでディスコな楽曲。

tr.11 Before it's over
60年代風のポップでゆるめのロック。ブラスっぽい音もふんだんに使用してかなり明るく仕上げてあります。
恐らくデジタルによる装飾もなされていないのですっきりした音で愛想の良い楽曲です。


カーズのカヴァや終盤の意表を突く曲などもありながら基本は前作路線のうるさいけど聴きやすい作品。
現代的なプロダクションと相反するクラシカルな楽曲の多さもあって尖った音の割に軽めの印象もあります。
多少シンセ過多でも良メロと確かな音楽性があれば良い、と思う方なら充分満足いただける作品でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんか・・・・・・・・・・・・・・・・
ん〜・・・・・・・・・・・・・・・・・
若嫁の友達に蹂躙された加藤茶・・・・・?

なんかいろいろ・・・もにょりますね・・・・・

ニッキーがラストツアー絡みの間を縫って
裏方Mが頑張ったのはわかるっす。

draiveは序章は唸ったけれど、聴いてるうちに別の意味で唸る・・・
まあ、ロックを使わないでロックするって意味では意義はあるっすね

結局のところ「Gotta Get It Right」の元ネタがどうかよりも
そのアゲっぷりにプロップ!
(そこにニッキーが要るか?要らないかは?・・・さておき)

グリーンデイがインスタグラムでモテ期を演出しるような・・・みたいなプロモは非常に・・・・・・・・

おもうに、悪くはないが・・・・・・

デザイナーやロッケンローラがアート気取ってるような・・・壮大な「もにょり感」ゆえ・・・
我が文章にて「点」a.k.a.「・・・・・・・・・・・・・」が一番多くなるとゆう・・・・・・

うーん


Re: ドナドナさん

毎度どうもです。

うん、ニッキーが周りに合わせて若作りしてる感じは無くも無いっすね。

クラシカルなロックを3人で書いて、多分マイケルがオサレに仕上げ
っていう、あえていうなら特に特徴のないアルバムなんだと思います。

もにょるのは多分、モトリーにはあった頭の悪さがこっちには無いから、ではないでしょうか?
tr.10とかはモトリーとは別方向の頭の悪さがあって気に入ってますけどね。
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。