スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Texas Hippie Coalition / Ride On (テキサス・ヒッピー・コアリション)


Ride onRide on
(2014/10/07)
Texas Hippie Coaliti

商品詳細を見る


レッド・ダート・メタルを自称する米テキサス州のローカル・メタル・バンド。
土地柄が音楽性に反映されているのか、単純明快で攻撃的な楽曲が得意なようです。

テキサス・ヒッピー・コアリションの4th「Ride On」`14年リリース。

tr.1 El Diablo Rojo
ザックザクのリフと吐き捨て型のヴォーカルが跳ねる、極めて分かり易く即効性に優れた強力な一発。
縦にグイグイ押してきながらも米国産らしい粘りもありロケンロ~ルのツボを心得えている辺りがイカす。
おおざっぱに韻を踏むリリックと汗臭い集団コーラスの相性も完璧で全く無駄のない造りです。

tr.2 Splinter
どっしり腰の落ちたグルーヴにテンション高めのウワモノが乗るへヴィ・ミッド。
フックが分かり易い替りに地味だったりしますが、短いながらもギターソロがイイ感じ。

tr.3 Monster in me
ブルーズやブギー由来と思しき泥臭いく乾いたリフが印象的なヘヴィ・ミッド。
トラックの渋めな味付けに対してメロディーはそこそこポップで愛想の良い仕上がりです。

tr.4 Go pro
乾いたギターとエディ・ヴェダーを想起させる粘っこいヴォーカルが印象的なメロウ・ミッド。
楽曲の展開に合わせてテンションを上げるビッグ・ダッド・リッチの表現力もなかなかのモノ。
このバンドにしては歌メロの愛想が良く激しい音にも負けないメロウネスを保持してます。

tr.5 Rock ain't dead
マリリン・マンソン/Rock is deadへのアンサー・ソングかもしれない、頼もしい主張のハードロック。
楽曲自体の出来も非常に頼もしく、優れたメロディとリフ、粗野なコーラスにうるさいギターなど、全部入り。

tr.6 Bottom of the bottle
ずるっと引きずるリフが気だるいヴァースと攻撃性抜群のフックを持ったへヴィ・ミッド。
ギターソロに入るタイミングが巧みで、だるくなりがちな楽曲をしっかり盛り上げてくれます。

tr.7 Rubbins racin
スウィング感を残した古典的なロケンロ~ルでメロディもかなりキャッチィなハードロック。
ギターソロのみメタリックなのでLAメタルっぽい頭の悪さも楽しめる、素晴らしい逸品。

tr.8 Ride on
図太いボトムとリフでゴリっと攻めつつ、甘めの良質な歌メロも用意したへヴィ・ミッド。
リッチの体系に似つかわしい声を生かしたヴォーカルも堂々としており隙のない仕上がりです。

tr.9 Fire in the hole
まんまLAメタル系の分かり易いハードロック。今作中では地味な曲ながら即効性も高め。
ブリッジで一瞬落ち着かせてポップなサビを立てるなど、聴かせる工夫もあって楽しい逸品。

tr.10 I am the end
攻撃的な部分も少し織り交ぜつつも、ほぼ全編にわたって甘口のメロディを聴かせるメロウ・ミッド。
ブリッジはメタルらしくスリリングでリフもやや重かったりしますが、愛想の良い楽曲です。


全体的にソングライトの質が上がっているようで、以前よりも聴きやすい歌メロが揃っています。
音楽的には更に時代を逆行していますが、メロハーにもメタル・コアにも飽きた、という男児の皆様は是非どうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。