FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daz Dilly (Dillinger) /Weed Money (ダズ・ディリー)


Weed MoneyWeed Money
(2014/05/20)
Daz Dilly

商品詳細を見る


ダット・ニガ・ダズあらためダズ・ディリンジャーに続いて、3度目の改名をした西の古豪。
とは言えエグゼクティヴ・プロデューサーの名義はディリンジャーなので恐らく気まぐれ。


ダズ・ディリーの「Weed Money」`14年リリース。

tr.2 448 gramz
図太いボトムの自己主張が強烈な、どろどろヘヴィ・ファンク。
制作は今作においてほとんどの楽曲を手掛けているTrippy Keezという人物。

tr.3 What up
電子音を敷き詰めたテンションの高い攻撃的なアップ。
トラックとダズのゴリ押しフロウとの相性が非常に良く文句無しにかっちょイイ。

tr.4 Blow'd up
ハンドクラップを使用したクリスピーなビートに軽めの電子音を載せたポップなトラックのミッド。
デヴィン・ザ・デュードとスヌープ・ドッグという大物ゲストも召喚。
ただスヌープに関してはアオリのみで声から察するに古い音源からの借用だと思われます。

tr.5 What's yo plesure
こちらはしっかりスヌープがラップし、制作はデイム・ファンクが務める幻想的なディスコ・ファンク。
デイムとスヌープの組み合わせから予想できる以上にゆるっゆるのふわふっふわに仕上がった傑作。
尋常ではない浮遊感とスムースネスをたっぷり味わえるドリ~ミ~な楽曲です。

tr.6 1-2-3-4
制作は前述のKeezさんですがゲストに御馴染みスーパフライを呼んだエレクトロ・チューン。
甘口のウワモノに高速ビートが絡むトラックに場違いなダズの前のめりなフロウがキレキレ。

tr.7 Scorcher
スクリューヴォイスにダズとクラプトの奇声を散らしたDPG仕様の不穏なGファンク。
やや単調さがあるものの高い突進力を備えた重く煙たい逸品。

tr.8 I.D.G.A.F.
スリム・キャルフーンをフィーチュアし中東風の妖しいウワモノを乗せたミッド・ファンク。
ダルいフロウが売りのスリムもダズとのコンビネーションで割と厳つくラップしています。

tr.9 Real wit'cha
Z-Roをフィーチュア、甘めのトラックで攻撃的なフロウをカマすメロウ・ミッド。
ダズよりも若干スムースな分、ゲストの方が曲にはあっているかな。

tr.10 Overtime
女声ヴォーカル/ラップを随所に配置しポップな部分を打ち出しつつもビート強めのミッド・ファンク。
男性ラッパーも参加しているので歌モノでありながらGラップの強面な味わいは高め。

tr.11 Thug'n & hustl'n
Hot boy Turk、恐らくホット・ボーイズのタークとクラプトがゲスト。
タイトルに相応しい危ない雰囲気を撒き散らす気だるいGファンク・チューン。

tr.12 The reason why
ショート・チョップ、ヤング・バック、マーフィー・リーら懐かしい面々をフィーチュア。
集団ラップが映える荒々しいトラックで個性的なフロウによるマイク・リレーがさくれつ。

tr.13 Love 2 hate
ドラマ・ボーイが制作を手掛けた重くスプーキーなヘヴィ・ファンク。
隙間の多い凶暴な音を敷いたトラックとダズのラップの相性抜群な楽曲です。

tr.14 I.D.K.
堅いスネアが耳に痛いシンプルかつ強靭なトラックのヘヴィ・ファンク。
切れ味鋭いラップも非常にテンションが高く攻撃的な仕上がりの逸品。

tr.15 タイトル不明。
今時珍しいノーヒントのヒドゥン・トラック。早回しネタを使用した前のめりなゴリゴリ・ファンク。
隠す必要は全く感じられないダズらしい突進力に満ち溢れた素晴らしい楽曲です。


良く確認せず購入しましたが一応デラックス・エディションの表記がアリ。
良曲揃いのtr.13以降がボーナス扱いなのでもしかしたらDL盤では聴けないかも。
近作同様甘さ控えめ愛想も悪いので一見さんお断りな代わりに旧来のファンは満足するはず。
ゲストも地元を中心に幅広い地域と知名度の方々を揃えて豪華、かつ巧くまとめています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。