Chamillionaire / Ultimate Victory (カミリオネア)

Chamillionaire / Ultimate Victory
ChamillionaireUV


ビーフやカース・ワーズを避ける、というちょっと変わったギャングスタ・ラッパー。
活動拠点はヒューストンでポール・ウォールとのデュオでデビューしていますが、泥臭さはあまりなく洗練されています。

カミリオネアの2nd「Ultimate Victory」`07年リリース。

tr.1 The morning news
前のめりに突っ込む直線的なフロウとユルめの歌フックを聴かせる即効性に優れたアップ。
ケインによるややドラマチックなトラックも南部感控えめで分かり易いと思います。

tr.2 Hip hop police
ジョナサン・ロッテム制作で重めのストリングスが印象的な50セント風味の激キャッチィなミッド。
主役の声とフロウも50っぽくてちょっと戸惑いますが、間違い無く素晴らしい楽曲です。
更には御代スリック・リックがゲストとして普段よりちょっとタイトなフロウを聴かせてくれます。

tr.3 Standing ovation
ケイン制作、音量控えめながら全編にロック系のギターを敷き、気だるい歌フックを乗せたアップ。
クレジットによるとKurt Carr/Reignという楽曲を使用しているようです。

tr.4 Won't let you down
ケイン制作で電子音がちょっと強めなんですがビートだけ聴くと一応ミッド・ファンク、かな?
分かり易いトラックとフックが用意されてはいますが、インパクト不足。

tr.5 Industry groupie
一転してインパクト抜群というか、耳を疑う大ねたヨーロッパ/Final countdownを使用した勇壮な楽曲。
トラックに対してリリックの方はネタとは程遠いスケールの小ささで、ユーモラスな仕上がり。

tr.6 Pimp mode
UGKのバンBが客演を務める、乾いたラテン系のギターが気だるいメロウ・ミッド。
トラックは地味ながらメリハリのあるものですがラップもフックもダルダルなのでちょっと眠い。

tr.7 Rock star
リル・ウェインをフィーチュア、ハードロック系のギターを南部ビートに乗せたミッド。
曲の出来はあまり良くないですが、ウィジーのヨレヨレ・フロウの存在感が物凄くて主役が喰われてます。

tr.9 The bill collecta
プレイ・ン・スキルズが制作クレイジー・ボーン客演と、"Ridin'"と同様の布陣で制作されたミッド。
PNSらしさ溢れる安くてだるい楽曲で即効性はほとんどありませんが中毒性は高めの逸品。

tr.10 The ultimate vacation
カミリオネアの鼻歌フックが実によくハマった、ゆるゆるほんわかメロウ・ミッド。
ヴァース部分もやや起伏のある歌系のフロウなのでかなり聴きやすい楽曲です。

tr.11 Come back to the streets
一応スクリュード・ヴォイスによるフックらしきものはありますがほぼラップで突き進むオトコマエなアップ。
妖しい高音シンセをウワモノにしたトラックにちょいファストなフロウを聴かせてくれます。
愛想は全くないですが主役のラップ・スキルたっぷり楽しみたい、という方なら必ず気に入るハズ。

tr.12 I think I love you
シンプルなビートにバウンシーなフロウを乗せたタイトな仕上がりのミッド。
歌フックとウワモノは甘めですがヴァース部分を中心にスリリングな味わいを楽しめるオールドスクールな曲。

tr.13 The evening news
ケイン制作でtr.1と対になっている楽曲のようですが、出来はイマイチ。

tr.14 Welcome to the south
UGKの片割れ、故ピンプCをフィーチュアしただるくてダーティなミッド。
そんなにサウス感あふれるトラックでもなくアルバム中では凡庸な出来なのが残念。

tr.15 You must be crazy
リル・ケンというラッパーをフィーチュアしたラップを聴かせるタイプのミッド・ファンク。
銃のローディング音を散りばめた不穏なトラックながらそれなりにキャッチィで即効性は高めです。

tr.16 We breakin up
他の曲とは一線を画すソウルフルなメロウ・ミッドで渋い仕上がり。
カミリオネアさんはひょっとして歌もイケるんじゃないかな、と思わせる出来です。

tr.18 Rocky road
大先輩デヴィン・ザ・デュードが客演したダーティ・サウス系の妖しく甘いメロウ・ミッド。
ゆるめのフックが用意されてはいますがデヴィンのキャラクターを生かせるほど緩みまくった曲では、ないです。

tr.19 The ultimate victory
浮遊感のあるウワモノが印象的ながらビートもしっかり立てた非常にバランスの良いミッド。
ポップという程のマス・アピールは無いものの、抜群の即効性を持った楽曲。


前半の時代性をしっかり取り込んだ派手目な楽曲よりも後半の落ち着きが頼もしい力作。
主役はちょっと華が無いですが多彩かつ安定したスキルの持ち主なので安心して聴いていられます。
ただ、ゲストとトラックの親和性がイマイチで、客演陣目当ての購入は控えた方が良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

Do Or Die / Back 2 The Game (ドゥー・オア・ダイ)


Back 2 the GameBack 2 the Game
(2002/07/25)
Do Or Die

商品詳細を見る


ファストフロウによるコンビネーションを得意とするシカゴ出身のラップ・チーム。
所属レーベルは南部の名門ラップ・ア・ロットでトラックもダーティ・サウス系。

ドゥー・オア・ダイの4th「Back 2 The Game」`02年リリース。

tr.1 Beyond the surface
チープでありながら重厚さの演出にも成功している気だるいミッド・ファンク。
愛想は無いですがチンピラからマフィアにグレード・アップした印象の出来の良い楽曲。

tr.2 Ain't no punk
ぶよぶよシンセが跳ね回るエレクトリック・ファンク。
分かり易いフックも用意されて音楽性の割にキャッチィな仕上がりです。

tr.3 Sex appeal
"Po Pimp"からの付き合いとなるトゥイスタとジョニーPをフィーチュアした激甘メロウ・ミッド。
疾走感溢れるラップと甘切ないトラックにソウルフルな歌が乗る期待通りの楽曲。

tr.4 Diamenz
ジョニーPの甘い歌が冴え渡る、可愛いくまろやかな仕上がりのポップ・チューン。
人気曲ウィリアム・デヴォーン/Be thankful for what you've gotのサビを引用。
tr.14にはリミックスを収録。高音を抑えて上品に甘さを強調したスムースなミッドに。
御本人たちのキャラクターが邪魔をしてはいますがよりオサレにスウィ~トに仕上がっています。

tr.5 I got a problem
Yung Buk(Psycho Drama)をフィーチュア。スプーキーな電子音が飛び交う妖しく甘い南部系ミッド・ファンク。

tr.6 We are here
いつもの高音シンセをウワモノに添えつつスペイシーに仕上げたどろどろミッド。

tr.7 3 A.M.
ジョニーPをゲストに迎え爽やかなシンセが浮遊するメロウ・ミッド。
トラック中心に大ねたレディ・フォー・ザ・ワールド/Love you downを引用しています。

tr.8 Secret indictment
侘しいシンセが耳を引くメロウなミッド・ファンク。ちょっと冗長なのが惜しいトコ。

tr.9 Dead homies
ジョニーPが塩辛く迫るしょぼくれたスロウ。90年代初頭のGラップの雰囲気漂う楽曲。

tr.10 That's my car
ジョニーP客演、哀愁漂うメロウ・ミッド。
全体的に甘めですがボトムはしっかり落ちており太い音です。

tr.11 Menage a trois
DODならではの妖しい魅力が詰ったゆる~いレイドバック・チューン。ジョニーさんも参加。

tr.13 Don't touch my money
クレジットには無いですがスムースなコーラスは恐らくゲスト・ヴォーカルによるもの。
単純で分かり易いフックが楽曲を引っ張りますがトラックは妖しささくれつ。


ラップ・ア・ロット特有の下世話な味わいは残しつつも甘めの楽曲を多く揃えた聴き易いアルバム。
ジョニーPをフィーチュアした曲が多いためか、どろどろ感も抑えているのでやや好みは分かれそう。
南部モノらしい癖は残るものの、安定感と定番感のあるヴェテランらしい良作です。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

Play N Skillz / The Process (プレイ・ン・スキルズ)

ProcessProcess
(2005/10/18)
Play N Skillz

商品詳細を見る


リル・ウェイン/Got money 等のプロデュースで名を上げたテキサス出身のチカノ兄弟。
音楽的にはチカノらしさは無く南部っぽいトラックと人脈がうかがえます。

プレイ・ン・スキルズのデビュー盤「The Process」`05年リリース。

tr.1 Let em go
ゆる~いラップと気だるい歌フックで締まりの無いバウンス・チューン。
フックは何となくスヌープ/Ain't no fun 風味で掴み易い、ポップな楽曲。

tr.2 Come home with me
エイコンをフィーチュアしたスカスカなトラックのメロウ・チューン。
ユージーン・ワイルド/Gotta get your home tonight をサンプリングで使用。
ウワモノがエレクトロっぽく聴こえますが隙間たっぷりなのでビートも立ってます。

tr.3 Do ya thing
ピコピコ電子音のウワモノに堅いスネア、ハンドクラップが良く合うバウンス・チューン。
メリハリに欠けるせいかキャッチィなフックも平坦に聴こえますが、その分中毒性高め。

tr.4 Take ya clothes off
スリー6マフィアが客演するスリリングでダーティーなバウンス。
主客逆転、ほぼマフィアに乗っ取られた楽曲に仕上がってます。

tr.6 Latinos stand up
ジェミナイとRob Gというラッパーをフィーチュアしたドロドロ南部チューン。
ヴァースに高速フロウを多用しているためフックが自然にスクリュードっぽく聴こえます。
チカノとしては厳ついジェミナイのラップが効果的で良い人選だと思います。

tr.7 Call me
Ridin'で組んでいたカミリオネアをフィーチュアしたメロウ・ミッド。出来は程々。

tr.8 Where I'm from
次作にも参加しているBig Tuckというゴリゴリ・フロウのラッパーを招いたバウンス・チューン。
フックもかなり汗臭い仕上げでいかにも南部産といった味わい。

tr.9 Are you still alone
ドラマティクス/Ocean of thoughts and dreamsをネタに、フランキーJがフックを担当するメロウ・チューン。
プリコーラスの出来が良いのでフランキーJの歌がよりナヨく聴こえてしまい、かなり惜しい逸品。

tr.11 Freaks
クレイジー・ボーンとアディーナ・ハワードが客演、冷たい音のメロウ・チューン。
アート・オブ・ノイズ/Moments of love をトラックに使用。
アディーナはフック担当ですがクレイジーの滑らかな変則フロウの方が存在感アリ。

tr.12 Now
かなり以前からの付き合いらしい、リル・フリップが客演したバウンス・チューン。
かつてのネリーそっくりのフックとトラックで非常に親しみ易い楽曲に仕上がっております。

tr.13 One of dem days
デジタル・アンダーグラウンド/Kiss you back(元ネタはファンカデリック/Knee deep)使用で妖しい甘さ漂う中毒性の高いミッド・ファンク。
オサレ加減と泥臭さのバランスが絶妙でトラックと主役のフロウの相性も良い、逸品。
ゲストもおらず派手さは全く無いですがコレが一番イイ楽曲かも。

tr.14 Wood and plastic
ドラマティクス/Whatcha see is whatca get 使用の軽快かつソウルフルなバウンス。
トラックの出来も良いですが意外にも2人のラップが実は結構巧いんじゃ?と思える曲です。

tr.15 Represent
レイジー・ボーン客演、ブラスが勇ましいアップ。レイジーに合わせたボンサグ風の仕上げ。


メロウ・チューンの数々は「Recession Proof」に収録されていた曲と比べるとパワー不足。
中途半端に締まった音なので安い音とフニャけたフロウが悪目立ちしているのも残念。
ヘッポコ感と共に何故か感じるファンクネスは共通しているので2ndが気に入ったらどうぞ。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

L.L.Cool J / Authentic (LLクールJ)


AuthenticAuthentic
(2013/04/30)
L.L. Cool J

商品詳細を見る


メジャーなヒップホップの歴史を語るには欠かせぬ、レジェンドの復活作。
デフ・ジャム離脱後、初となる5年振りの新作をレビュ。

LLクールJの13th「Authentic」`13年リリース。

tr.1 Bath salt
アッシャー/Yeah!から艶を消したようなトラックのハーコー・チューン。
シンプルなビートとLLのフロウの相性は抜群で、なかなかの良曲。

tr.2 Not leaving you tonight
フィッツ&タントラムズ とエディ・ヴァン・ヘイレンが客演したメロウ・ミッド。
アタックの不明瞭なパーカッションに涼しげなシンセとヴォーカルが乗る今風の仕上げ。
今作では最も売れそうな曲ですが、主役のJさんが完全にトラックに埋没。

tr.3 New love
チャーリー・ウィルソンをフィーチュアした派手なフックが強烈なミッド・ファンク。
チャーリーもLLも好きですがこの曲はなんかトラックとも相性悪くて浮いてるような。

tr.4 We came to party
ファットマン・スクープとスヌープ・ドッグ、両極端な個性を持った二人が客演した激烈ハーコー。
主役のフロウがかつて無いハードなモノなのでスヌープの低血圧フロウが恐ろしく効果的。
デビュー時を思い出させる音を使用したトラックもシンプルでイカす。

tr.5 Give me love
シールが客演、というか主役を張る渋くスウィ~トなスロウ。
制作を務めるJaylienという方はtr.4も制作しておりその仕上げの違いを聞き比べると面白いです。

tr.6 Something about love
チャーリーに元PCDのメロディ・ソーントン、更にEW&Fまで参加したゴージャスなミッド・ファンク。
リラックスし過ぎたフロウのせいか、主役が目立ちませんがこの出来なら全く文句はございません。
豪華なゲスト陣をしっかり生かしつつ、極上な楽曲を用意してくれました。

tr.7 Bartender please
ブリンク182のトラヴィス・バーカーにスヌープとブーツィー・コリンズを招いたファンク・チューン。
スヌープとブーツィに合わせたブヨブヨ・ファンクですがドラムとLLがタイトなので聴き易い。

tr.8 Whaddup
ソロもちょっとあるトラヴィス、トム・モレロに加えチャックDまで参加させたオールド・スクールな楽曲。
パブリック・エネミーとLLの過去曲を織り交ぜるギミックもあり、サービスも良し。
ギター・リフはNWAの人気曲にそっくり、超オットコマエな一発になっております。

tr.9 Between the sheetz
Mickey Shiloh という甘い女声ヴォーカルをフィーチュアした気だるいスロウ。制作はトリッキー・スチュワート。
アイズリーズの名曲とは別曲ですがベースやシンセはそれっぽい雰囲気があります。

tr.10 Closer
モニカをフィーチュアした今風のエレクトロ・ポップ・チューン。
もう少し派手に仕上げても良いかと思う、強力なメロディを持ってますが抑えたトコが大人か。
トラック、モニカ、LL、どこを取ってもポジティブな雰囲気に溢れており素晴らしい出来。

tr.11 Live for you
ブラッド・ペイズリー という超売れっ子カントリー・シンガーが客演した甘切ない絶品スロウ。
青臭さを感じる前のめりな主役のフロウと楽曲の相性が素晴らしくメロディも極上。

tr.12 We're the greatest
エディ・ヴァン・ヘイレンとトラヴィス・バーカーをフィーチュアしたメタリックなヘヴィ・ミッド。
是非ともデフ・ジャム時代に聴きたかった、リック・ルービン味のする曲です。
エディのギターもLLのフロウも全編で暴れっぱなし。ひたすら暑苦しく骨っぽい逸品。


豪華過ぎるゲストの人選は売る気満々ですが、原点に立ち返ったような気骨ある仕上がり。
メロウ・チューンはゲスト頼みながらもハードアズヘルな曲はいつも以上にマッチョなフロウが炸裂。
現行シーンへの色目は最小限に留め、ハーコーからスウィ~トまで満遍なく揃えた傑作。
あと、ジョーをフィーチュアしたTake itは何故か未収録。日本盤にはベイビーフェイス師匠参加曲を収録。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

Nelly / Brass Knuckles (ネリー)


Brass KnucklesBrass Knuckles
(2008/09/16)
Nelly

商品詳細を見る


セントルイス出身、強烈な訛りとポップなトラックを武器にのし上がったラッパー。

ネリーの4th「Brass Knuckles」`08年リリース。

tr.1 U ain't him
刑務官からギャングスタ・ラッパーというとんでもない転身を遂げたリック・ロスをフィーチュア。
かつてのノーリミットを想起させる軍隊調の勢いの良いアップ。

tr.2 Hold up
豪華なゲスト、T.I.とL.L.クールJを招いての骨っぽいバウンス・チューン。
ちとトラックに押され気味ですがLLがこういうトラックでやるのは珍しいかも知れません。

tr.3 LA
今度は西海岸からスヌープとネイトを招いてメロウなウワモノも用意した西寄りのミッド。
スヌープの作品に紛れ込ませても分からない自然なゆるさを持ったスムースな仕上がりです。

tr.4 Long night
アッシャーをフィーチュアしたメロウ・チューン。
ただしトラックはやや尖り気味のエレクトロで甘さは控えめ。

tr.5 Lie
ポロウ・ダ・ドンが制作しセント・ルナティクスを招聘した甘いメロウ・ミッド。
見た目に反して繊細な音造りをするドンの手腕が冴えるトラックは極上。
フックは女声ヴォーカルを主体に滑らかな甘さが出ておりこれも絶妙。

tr.6 Party people
ブラック・アイド・ピーズのファーギーとの共演曲でヒットしたフロア・バンガー。
これもドンのお仕事でtr.5とは打って変わって図太いグルーヴが炸裂する強力な一発。
畳み掛けるようなフック、ヴァースとも即効性抜群です。

tr.7 Self-esteem
衝撃的なゲスト、チャックDが参加してのメロウなアップ。
トラックはいつものネリーで軽いギターのウワモノと早急なビートの組み合わせ。

tr.8 Body on me
エイコンとアシャンティをフィーチュアしたオサレなメロウ・ミッド。
面子の割に甘さやポップさは控えめでクールでスムースな仕上がりになっています。

tr.9 Stepped on my J'z
ジャーメイン・デュプリとシアラが客演、制作もJDによる攻撃的なシンセが特徴のクランク。

tr.10 Let it go lil'mama
ネプチューンズが制作ファレルが客演を勤めるネプらしい癖の強いミッド・ファンク。

tr.11 One and only
ポロウ・ダ・ドンが制作、歌フックも含めゲスト無しで展開するメロウ・チューン。
奥行きのあるシンセとソフトなフックは心地良く、ラップと歌の差別化もしっかりされています。
ただ、やはりゲスト・シンガーを招いていればもう一段良い仕上がりになっていたのでは。

tr.12 Chill
セント・ルナティクスが再び参加したちょいメロウなミッド。

tr.14 Ucud gedit
グッチ・メインとR.ケリーをフィーチュアした泥臭いメロウ・ミッド。
制作はポロウ・ダ・ドンで癖の強いトラックの中にも掴み易いパーツを配置。


ゲストの節操の無い豪華さに目がくらみますがゲストに持っていかれる場面は無し。
メロウ・チューンが小粒というか愛想が悪め、というのも関係しているかもしれません。
ドンの的確な仕事を中心にバランス良く統一感がありさらっと聴けるアルバムです。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。