スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Suchmos / The Kids

Suchmos/The Kids
サチモス2


`15年にデビュー、アシッド・ジャズ風の音が新鮮だったのか、あっという間にオサレ・キッズの注目の的に。
スタジオ・ワークを駆使した音を多分に含みながらも、DJ含む6人編成でミクスチャーロック的な見た目のバンド。

Suchmosの2nd「The Kids」`17年リリース。

tr.1 A.G.I.T.
どろっとブル~ジ~なギターが印象的、ピアノとスクラッチでアクセントを付けた気だるいメロウ・ミッド。
イイ感じに力の抜けた心地良い楽曲ですがブリッジ以降はハッタリのキツイ展開で、ちょっと残念な仕上がり。

tr.2 Stay tune
TVCMにも採用された即効性抜群のオサレなミッド・ファンク。サチモスにしては歌メロの愛想もかなり高め。
エッジを立てすぎないまろやかなファンクネス漂うトラックは絶品。ただコレも蛇足気味のくどいアウトロが。

tr.3 Pink vibes
軽めにハネるベースとギターに甘いシンセが効いたトラックに単純なフックを乗せた分かり易いメロウ・ミッド。
雑なヴォーカルと好対照なせいかヴァースのスムースジャズ的なトラックは今作では一番オサレに聴こえるかも。

tr.4 Tobacco
すっとぼけた音のシンセとハモンド風シンセが耳に残る、ホンワカ系ポップ・ミッド。
歌メロ、トラック共に分かり易く、コーラスの装飾も巧いですが、一番の聴き所はシンセ・ソロ、かな。

tr.5 Snooze
クレジットによるとATCQ/Stressed out(元ネタはアニタ・ベイカー)を使用しているサイケデリックなミッド。
ネタ元とは似ても似つかぬ不穏な音を重ねまくったドロドロ系なので、ちょっとお金が勿体ない。
レコード会社の人が可愛そうなのでサンプリングを使うならもうちょい売れ線の曲でやった方が。

tr.6 Dumbo
重く暗く沈めたリフとメロディに、手数は少なくとも効果絶大なピアノを乗せた中毒性の高いミッド。
単調さが魅力のトラックを用意しながら、ここでもアウトロがうるさい。

tr.7 Interlude S.G.G.4
1stEP盤収録のモノは未聴ですが、3作中では今作4が抜群に出来が良いと思います。
緊張感と浮遊感漂う素晴らしいバランス、しょぼくれた甘さの前半にスケールを大きくする後半。小品ですが完璧。

tr.8 Mint
恐らくロック・ファンよりもソウル・ファンにこそより強い訴求力を発揮するであろう極上ミッド・ファンク。
心地良いシンセ、コーラス、歌メロ、滑らかなギター、甘くメロディアスなベース、締りの良いドラム。
単調なままでしっかり押し切ったアウトロも好みですが、楽曲全体の隙間がとにかく素晴らしい。

tr.9 Sea weed
クサの歌、ではなくて海藻の歌。わかめちゃんとかの方です。あっち方面でやらかさないよう、切に願います。
楽曲はちょいバウンシーなファンク・チューンで陽性のフックもあって楽しいポップ・ミッドに仕上がっています。
パーカッションにYoung & Company/I like といいいますか、DJクイックの例のヤツを使用しているような。
終盤のアレンジはしつこいですが自分好みの出来なので全く文句はございません。もっとしつこくてもイイ。

tr.10 Are we alone
御茶目なピアノとだらしないコーラスが鬼キュ~トなゆるふわ系のレイドバック・チューン。
なげやりにハズしたフックのため一般的な訴求力は欠けていますが、今作では最もポップな出来でしょう。
浮遊感と即効性に優れた非常に出来の良い曲ですが、うるさく退屈なだけのブリッジは、邪魔。いりません。

tr.11 Body
ジャミロクワイ/Virtual insanityに似た音を詰め込んだメロウ・ミッド。限界まで本家に挑んだ意欲作。
ピアノなんかはアウトな感じがしますが、ココまで似せられる実力がある事の証明には成功しています。


"Mint"の出来が良過ぎたのでアルバムにはあまり期待していませんでしたが、tr.7はじめ良曲盛り沢山。
無駄に音量上げたようなアレンジがちょくちょく出る点を除けば、おはようからおやすみまで暮らしを彩ってくれる逸品。
心配なのはTV、カラオケ向けの楽曲が一曲くらいはあった方がビジネス的な意味でいいのでは、といったトコくらいでしょうか。
デビュー盤と比べてあらゆる部分での成長が窺えるので、前作が合わなかったという方も聴いてみる価値はあるかと。
スポンサーサイト

Suchmos / Mint Condition (サチモス)

Suchmos/Mint Condition
SachimosMC


再現度の高いジャミロクワイ風、という事でおっさんからオサレ・キッズまでの人気を手広く集める邦ロック・バンド。
ソウル~ファンクを90年代フロア仕様にしたトラックが印象的で下北沢産の歌謡ロック的な雰囲気は皆無。
タイトルは例のミント・コンディションとは関係ありませんが、うっかり釣られても大丈夫かも。

サチモスのEP「Mint Condition」`16年リリース。

tr.1 Mint
隙間をしっかり生かしたソリッドなドラムとギターにポンコツ系のピアノが乗る激スムースなミッド・ファンク。
雑なコーラスで飾った単純なフックは浮遊感たっぷり、即効性と中毒性に優れた極上の楽曲。

tr.2 Dumbo
歪んだリフとピアノでサイケデリックかつ不穏な雰囲気を醸し出す、ちょい重めのミッド。
ヨンスのソウルちっくなシャウトはやや軽めですが違和感は感じない程度の出来。

tr.3 Jet coast
従来路線であるアシッド・ジャズ風味の曲で、定番のリフが心地よい軽快ポップ・ミッド。
メンバーにDJがいるので仕方ない部分ではありますがスクラッチはちょっと邪魔。
トラックがポップな割に歌メロはダルいので聴き易い反面、売れる曲をつぶしちゃった印象も。

tr.4 S.G.S.3
音数絞ってゆるく気だるく仕上げたレイドバック・チューン。アウトロ的な楽曲でしょうか。
ヴォーカルもスキャットのみなのでトラックを楽しむにはイイですが、あくまで雰囲気優先の出来。


ヒット曲Stay tune路線の曲はtr.3のみでシンセよりもギター、ドラム、ベースが良く鳴っています。
日本では極めて珍しい、ソウル/ファンク好きな方にハマりそうなアーバン寄りの音楽性。
tr.1路線の曲をこれからもリリースしてくれるなら聴き続けるバンドになりそうです。

DS455 / Summer Sweetz (ディー・エス・フォー・ダブル・ファイヴ)


Summer SweetzSummer Sweetz
(2004/07/07)
DS455、JOYSTICK 他

商品詳細を見る


横浜を拠点に活動するヴェテラン・ヒップホップ・デュオ。
XLミドルトンやフォーサムとも共演経験を持ち、日本における「西モノ」を代表するミュージシャン。


DS455の2nd「Summer Sweetz」`04年リリース。

tr.1 Introduction
A☆Zackのギターがとろとろ流れるレイドバック・チュ~ン。

tr.2 Ride in peace
2-JとIz、更にMayをゲストに招いてtr.1の雰囲気を引きずった気だるいメロウ・チューン。
トラックと歌メロの一部にはSurface/Closer than friends をがっつり使用しております。

tr.4 Summer Sweetz
A☆Zackのトークボックスをサビにたっぷり使用し、ひたすら甘くとろけるメロウ・チューン。
ブリッジにはMayをフィーチュア、Kool & the Gang/Lady's nightの例の部分を引用して印象的な仕上がりに。
`14年のForsume「Cali Life」にてラップ差し替えヴァージョンが聴けます。

tr.6 フライング ハイ
Hyena、Mack Town Studioが参加したメロウ・ファンク。
コケイン(Mr.ケイン)風のねっとりしつこい変態ヴォーカルをサビに使用しており癖の強い楽曲です。

tr.7 Street locos
毎度御なじみ、ビッグ・ロンとゲトー・インクを招いたちょいGなミッド・ファンク。
ラップや歌メロの乾いた感じに対してトラックの甘さと品の良さが不釣り合い。

tr.8 The messae from Fragrance
tr.3などと同様に若手がフリースタイルを聴かせる小品ですが、不穏なトラックの出来が抜群。

tr.9 Can you see me?
AK69とMayをフィーチュアしたDr.ドレ「2000」風のトラックを取り入れたミッド・ファンク。

tr.10 Still belong in tha street
Izがスキャットを担当してはいますが、ほぼケイザブローとPMXのみで聴かせる厳ついGファンク。
シンプルで力強いトラックとフックを用意し、分かり易くインパクトのある曲に仕上げています。

tr.11 Hustlin'
GDXをフィーチュアした聴きやすさと癖の強さが同居した軽めのミッド・ファンク。
サビが弱いのが残念ですが、A☆Zackのカッティング・ギターとトークボックスはたっぷり堪能できます。

tr.13 Very special weekend
D'z Nutz FMのアオリからのキラキラ・シンセが炸裂する激甘ポップ・ミッド。
サビにIz、ブリッジにMayを起用した非常に手堅い造りの逸品。

tr.14 Just chilin'
G-PrideとIzをフィーチュアしたスムースなレイドバック・チューン。
ケイザブローの出番が少なくトラックも控えめな造りなため、Izの涼しげなヴォーカルが主役。

tr.15 Talkin' at deep blue
オジロのマッチョをゲストに迎えた侘しいメロウ・チューン。
甘いシンセとIzのヴォーカルにマッチョの辛口フロウが良く合っています。

tr.17 Pubb'z groove
クリスピーなハンドクラップで立てたビートの上でフルートとギターが甘く渋く競演するスムース・ジャズ。
後半じんわりと熱を帯びるギターが素晴らしくリピート必至の逸品です。



Gな部分がかなり抑えられており彼らのキャリアを通してもっとも品良く造られたアルバムだと思います。
トラックの出来は非常に良いですが聴く側がどんな曲を期待するかによって印象が大きく変わりそう。
メロウでスムースなファンクを期待するなら、聴く価値は大きい良盤です。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

DS455 / Sunday Afternoon (ディー・エス・フォー・ダブル・ファイヴ)


Sunday AfternoonSunday Afternoon
(2014/09/03)
DS455

商品詳細を見る


Dr.ドレのG-Funkに端を発するウェッサイ・サウンドを特徴とするヴェテラン・ヒップホップ・デュオ。
既に時代遅れのスタイルではありますが、甘くスムースな楽曲は相変わらず魅力的。

DS455の6thフル盤「Sunday Afternoon」`14年リリース。

tr.1 Intro
涼しげなフルートを主役にしたDJPMXらしいスムース・ジャズの小品。

tr.2 Sunday afternoon
pukkeyをフィーチュアした爽快かつスムースな音のレイドバック・チューン。
クラシカルなウェッサイ・メロウ・ミッドを丁寧に仕上げた、上品で愛想の良い楽曲。

tr.3 #envy_me
AK-69をフィーチュアしたちょいバンギンなミッド・ファンク。
G-funk由来の跳ねるピアノと現代的なEDM風の装飾を施したバランスの良い楽曲。

tr.4 Free my mind
昨年のフォーサムの作品でもニアミスがあったボー・ロックを客演に招いた気だるいメロウ・チューン。
音数絞ったトラックにとろとろの歌唱がのる、お好きな方にはタマラン感じの期待を裏切らない逸品。

tr.5 R.A.H
不穏なシンセがステキ過ぎるギャングスタな雰囲気をまき散らすミッド・ファンク。
ラップを聴かせる曲なので、ケイザブロー一人ではちょっと寂しい。

tr.6 Deee'z Nutz FM
スヌープ/Ain't no fun使用の4 my city をバックにいつものインタールード。

tr.7 Every little step
まさかのボビー・ブラウンの大ヒット曲をストレートに引用した即効性あり過ぎなポップ・ミッド。
原曲のポップ過ぎる面を抑制してスムースかつキレの良いメロウ・ファンクに仕上げた極上の逸品。
クレジットによるとFire lilyが参加、更にヴォコーダーはPMX先生自ら、との事。

tr.8 Believe in me
毎度御馴染みオジロのMacchoとIzをゲストに迎えた甘く切なくやるせないメロウ・チューン。
派手さを抑えたしっとりしたトラックと歌フックにじんわりと黄昏る、ゲストに恥じぬ鉄板の一曲。

tr.9 It's going down
Kowichiをゲストに迎えた気だるく単調なフックが印象的なメロウ・ミッド。
ラップもトラックも単調なので今作では箸休め的な楽曲として機能していますが中毒性は高め。

tr.10 ジパング
Gなピアノが耳をとらえるトラックでケイザブローのラップを聴かせるコンパクトな楽曲。

tr.11 Turn up
サビにIzの甘い歌とA☆Zackのトークボックスを配置した定番感の強いポップ・チューン。
これまでの彼らの参加曲を想像して頂ければほぼ合っているであろう、即効性の高い楽曲です。

tr.12 Life goes on
マイティ・クラウンのMasta SimonとFire Ballが客演を務めるゆるいレイドバック・チューン。
Super Crissの歌うフックのまろやかさとトラックの相性が良く、爽やかな仕上がり。

tr.13 Hip hop life
ギターにHome GrownのI-Watchをフィーチュアしたちょいスペイシーなへヴィ・ミッド。

tr.15 Pubb'z groove VIII
御馴染みのインストルメントゥル。A☆Zackらのミュージシャンシップがさくれつするメロウ・チューン。
過去作と比べて特に出来が良いわけではありませんが、ギターとフルートの絡みはオサレ過ぎ。


ソロ盤やミニ・アルバムこそあったものの、5年振りとなるフル盤ゆえか楽曲は充実しています。
Gな曲はあまりインパクトがありませんが、耳触りの良い甘めのオサレ・ミッドが盛り沢山です。
PMXのトラックに関しては言うまでも無く、ゲスト陣の安定した仕事ぶりも良いので、ウェッサイ好きなら、是非。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

LL Brothers / Large Long Big Collection (エル・エル・ブラザース)


Large Long Big coLLectionLarge Long Big coLLection
(2013/08/07)
LL BROTHERS

商品詳細を見る


`00年のTクラと組んだミニ・アルバムでR&Bファンを驚愕させた兄弟デュオ。
前作から9年ぶり、自主レーベルからリリースされた全楽曲をまとめた新作をレビュ。

LL ブラザースの3rdフル盤「Large Long Big Records」`13年リリース。

tr.1 Get it poppin'
ゴージャスなウワモノで派手に飾ったバウンシーなアップ。
クリスピーなハンド・クラップを交えたやや速めのビートは初期ニュージャックの匂い。

tr.2 Do you remember
メロウなヴァースと派手で泥臭いフックを持ったミッド・ファンク。
結構派手なトラックですがベースを立てた仕上げはお見事。
歌メロはそれ程強力では無いものの、フェイクでヴォーカルの聴き所も多いです。

tr.3 I luv it
物欲全開リリックと今風のエレクトロ・シンセが特徴的なハーコーR&B。
フックは分かり易い変わりにややシンプルな印象。全体的にヒップホップ・オリエンテッドな曲。

tr.4 Paradise
トロピカル、というか盆踊りちっくなトボけたハネ感を持ったバウンシー・ミッド。
LLBの楽曲の中でも頭の悪さは飛びぬけてるような気がしますが造り込みはしっかり。
安っぽいポップ・チューンに成り下がらないのは流石のお仕事振り。

tr.5 She's so amazin'
甘く切ないメロディと軽快に跳ねるウワモノの組み合わせが絶妙なポップ・ミッド。
強力無比なメロディを軽快なシンセと構成力の光るコーラスでシュガーコートされた逸品。
唯一気になるのはブリッジ後半数秒の歌メロだけ。押し引きの巧みなフェイクも素晴らしいです。

tr.6 Get on my "D"
単調な歌メロでフェイクをたっぷり聴かせる濃いくちへヴィ・ファンク。
今作では最も地味な楽曲かと思いますがヒップホップに寄せた音楽性で中毒性は高め。

tr.7 Lovesick ~笑顔の裏で~
流麗なピアノと甘い高音シンセにまた腕を上げた感が滲む、激甘メロウ・チューン。
トラックのみで充分合格ですがメロディはそれ以上に鮮烈。特にブリッジは熱い。

tr.8 戻らない日々 ~Good bye my love~
珍しくストリングスを配置した上品なトラックと絶妙な歌メロを持ったスロウ。
この手の曲ではTクラを持ってしても歌謡曲臭さが出てしまい勝ちなのに、この曲には皆無。凄い。
フックも程好く地味なメロディをコーラスで巧みに盛り上げており、聴かせ所満載。

tr.9 Damn girl
水っぽいシンセと浮遊感たっぷりの重ねまくったコーラスが気持ち良過ぎる、鬼キュ~トなポップ・ミッド。
いたいけな女子にぴったりのトラックなのに、いたいけな女子にはとても聴かせられないリリックもステキ。
乙女心を取り戻したいスレたおねいさまにオススメしたい、ゆるふわメロ~・チュ~ン。

tr.10 Na na na na ~Dog in me~
エッジを落としつつもバウンシーに仕上げたゆるめのミッド。このアルバム用の新曲。
音数控えめのトラックの出来はもの凄く「本物」っぽい。
おふざけもたっぷりですが、この数年でも成長している事が如実に分かる楽曲です。


前半のハードコアなアップではやはりクラさんには半歩及ばず、と思いますが後半では完全に巣立っている様子。
セールスや活動規模はともかく、間違いなく日本のアーバン・ミュージックの中核にいると再確認。
個人技のリードよりもコーラスとフェイクの組み合わせを多用しているので歌の安定感も更に増しています。
日本語R&BであってJR&Bでは無いので、米メジャーR&Bが死んでいる、とお嘆きの方は是非とも購入の御検討を。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。