Sixx: A.M. / Prayers For The Blessed (シックス・エー・エム)

Sixx: A.M. / Prayers For The Blessed
SixxAM5


ジェイムス、ニッキー、アシュバによるHRバンドの前作「Prayers For The Damned」の続編にあたる作品。
音楽的にはともかく、サポートのドラマー、2人の女性コーラスも揃えてビジュアル的にはモトリーっぽくなってます。

シックスA.M.の5th「Prayers For The Blessed」`16年リリース。

tr.1 Barbarians
冒頭のSEがちょっと邪魔ですがオープニングに相応しい勢いと即効性のあるメロディアス・ハード。
フロンティアズ系のメロハーに似てはいますが、リフがロケンロ~なのでアメリカンな味わいもあります。
アシュバのギターソロもたっぷり用意しておりインパクト充分な楽曲。

tr.2 We will not go quietly
キレとズルズル感を兼ね備えたトラックが抜群にイカす、へヴィ・ミッド。
パーカッシブなヴァースの歌メロでちょっと不安にさせますが、力強いメロディのサビを用意。

tr.3 Wolf at your door
腰の落ちたグルーヴとバウンシーなリフのヴァースからヒステリックなフックへ展開するへヴィ・ミッド。
メロディ自体は甘口ながら女声コーラスが効果的で攻撃的な仕上がりに。〆もコンパクトでイイ。

tr.4 Maybe it's time
冷たい質感のアコギにジェームスのビブラート過剰な寒い声が映える甘辛いスロウ。
トラックの装飾のわりに抑制の効いた品の良いメロディでギターソロも弾き過ぎず、大人の仕上がり。

tr.5 The devil's coming
縦にガンガン押してくるザックザクのリフとドラムが勇ましいアニメちっくなハードロック。
歌メロもトラックに合わせてドラマチックで甘め。

tr.6 Catacombs
DJアシュバのソロ。一分ちょいのシンプルなモノですが、かなりインパクトのある出来だと思います。

tr.7 That's gonna leave a scar
前のめりに疾走しつつもリフとベースでグルーヴも確保したヴァースと甘目のフックで構成されたHR。
ブリッジのギターソロも勢いと甘さを両立。tr.5と似てますがややこちらの方が出来がイイような。

tr.8 Without you
モトリー、ではなく、バッドフィンガーの人気曲のカヴァ。選曲がちょっと保守的過ぎますが良い仕上がり。
ヴァースのしょぼくれ感は原曲寄り、サビの過剰な盛り上げっぷりはマライア寄り、で両者のイイトコ取り。
彼らならではの部分としてはドラムとギターでハードロック然とした佇まいの演出に成功しています。

tr.9 Suffocate
掴みどころのイマイチ分からないアコギ・リフのヴァースとパワフルなフックの対比が印象的なハードロック。
凡庸なメロディをアレンジで強引にインパクトのある楽曲に仕立てた、ような。

tr.10 Riot in my head
こちらもアレンジの力が更に際立つメロウ・ミッド。メランコリックでへヴィな楽曲。
ブリッジではロック・オペラというかミートローフっぽいスケールの大きなコーラスが素晴らしい。

tr.11 Helicopters
ジェームスのしょぼくれた歌と爽やかなコーラスの落差が大きいスロウ。
メロディはちょっと弱いですがギターソロがしっかりカヴァーしており確かな聴き応えがあります。


前作よりもファットなプロダクションで愛想の良いメロディも揃えた超安定盤。
終盤メロディ、リフの質が悪くなりますがアレンジでがっつり聴かせるあたりは老獪です。
アシュバが適時良質なソロをしてくれるのでバンドとしての厚みも出た充実作。前作と合わせてどーぞ。
スポンサーサイト

Pretty Maids / Kingmaker (プリティ・メイズ)

Pretty Maids / Kingmaker
PrettyMaids15


ケン・ハマーとロニー・アトキンス率いるデンマークのへヴィメタル・バンド。
北欧的な甘いメロディと米国よりの単純なリフを兼ね備えた音楽性で30年以上にわたり控えめに君臨中。
今回もフロンティアズからジェイコブ・ハンセンのプロデュースで制作されております。

プリティ・メイズの(Louder Than Everを含め)15th「Kingmaker」をレビュー。

tr.1 When god took a day off
ちょいハッタリのきついイントロからアニメちっくなノリで聴かせるやや速めのアップ。
他の北欧系やレーベルの同門と違い歌メロの臭みは薄めなので聴き易いあたりがメイドさんらしいトコ。

tr.2 Kingmaker
タイトル・チューンに相応しい単純かつ強靭なリフとドラムがオットコマエなへヴィ・ミッド。
吸引力のあるヴァースに対してフックがちょっとダルいのが残念ですが歌メロ無しでも楽しめる曲だと思います。

tr.3 Face the world
彼らのアルバムには大抵一曲くらい用意されている爽快ポップ・チューン。今回も即効性抜群の一発です。
シンセがやや過剰ですがキラキラ感たっぷり、ブリッジからの展開も爽やかで隙のない出来。

tr.4 Humanize me
歪んだギターと綺麗目シンセのコントラストが印象的なへヴィ・ミッド。
即効性に優れメタル好きが好みそうなメロディを持ったフックがあります。ギターソロは好みじゃないです。

tr.5 Last beauty on earth
ギターポップ風のシンプルな乾いたギターに甘切ないメロディを乗せた極上のメロウ・ミッド。
派手さを抑えたプロダクションなので即効性は控えめながら素晴らしい仕上がりで確実に耳を捉える楽曲。
こっちのギターソロは抜群、短いながらもタマランです。

tr.6 Bull's eye
分かり易いリフでザクザク刻む、LAメタルっぽいちょい猥雑な雰囲気のあるハードロック。
メロディ、アレンジも無駄なことはせずに期待通りの展開と質で嫌いになる要素の見当たらない逸品。

tr.7 King of the right here and now
ドラムとヴァースの歌メロが妙にバウンシーなへヴィ・ミッド。サビとブリッジは甘め、ソロは塩辛い。
終盤のコーラスはちょっと工夫があったりして色々詰め込んで飽きさせない曲に仕上がってます。

tr.8 Heavens little devil
涼しげなヴァースと装飾多めのフックを持ったメロディアス・ハード。
派手な音とメロディの割にあっさりしてますが、いつもとは違う感覚を味わえる逸品です。

tr.9 Civilized monsters
プリ・コーラスにメイズっぽさが漂うものの、今作では珍しいレーベル・カラーが出た疾走系のメロディアス・ハード。
歌メロ、リフも素晴らしく、彼らのこの手の曲の中ではかなり出来の良い部類に入るかと思います。

tr.10 Sickening
スラッシュ・メタルっぽい突進力溢れるリフと汗臭いフックがオットコマエな、へヴィ・ミッド。
シンセ過多だったり妙にメロディアスなギターソロなんかもありますが、気になるほどでは無いでしょう。

tr.11 Was that what you wanted
過剰なシンセが曲に勢いを与えているテンションの高いファスト・チューン。
特に旨味の無いリフやメロディを力技で一段上の聴ける仕上がりにしているのはプロデューサーの手腕でしょうか。

○ボーナス・トラックは2曲。
tr.12 Kingmaker (Extended)
いつものように取って付けただけのボートラその一。なくてもイイっす。

tr.13 Humanize me (Extended)
いつものボートラその二。こちらは日本盤のみ、かな?やっぱりなくてもイイっす。


フロンティアズ移籍以降の4作では彼らの持つ際立ったバランス感覚が最も発揮された作品だと思います。
重いやつから甘いやつまで万遍なく高品質の楽曲をそろえた、確かな手ごたえを感じる傑作。
激しさよりも重さに比重を置きつつも愛想の良い甘めなメロディをたっぷり用意しているのでこれまで見送っていた方も一考を。

Pop Evil / Onyx (ポップ・イーヴル)

Pop Evil / Onyx
PopEvil4


雑多な音楽性でアルバム毎に違ったスタイルを見せる米国のメタル・バンド。
メタル・コア的な部分を多く含むためか日本での知名度はかなり低いですが太いグルーヴを出せるバンド。

ポップ・イーヴルの4th「Onyx」`13年リリース。

tr.1 Goodbye my friend
図太いベースの跳ね方がちょっとわざとらしいバウンシーなへヴィ・ミッド。
フックの歌メロは甘切ないタイプでへヴィネスとメロディのバランスが良い良曲。

tr.2 Deal with the devil
ザックザクのリフと太いベースにアリス・イン・チェインズそっくりのヴォーカルを乗せたミッド。
AICに似ているのはヴァースのみでプリ・コーラスは明るめ、フックはぶち切れ型。個人的にはちょっと残念な曲。

tr.3 Trenches
恐らく彼らの代表曲。ややラップ・コア風味でレッチリをメタル化したようなへヴィ・ミッド。
曲のどの部分を切り取っても印象的な仕上がりで即効性中毒性ともに非常に優れた強力な逸品です。
'14年のカレッジ・バスケ用に録音されたらしいこちらのリミックスではなんとDMCをがっつりフィーチュア。

tr.4 Torn to pieces
ポスト・グランジ期のニッケルバックから更に艶を落としたようなちょい辛口の乾いたスロウ。
甘さをしっかり抑えつつも耳に馴染む良メロを聴かせる、難しいお年頃な男子には有りがたい逸品。

tr.5 Divide
イントロのシンセやリフ、ラップ風味のヴォーカル、メロディ過剰気味のフックでリンキン・パーク風味。
ヒップホップ要素は薄くグルーヴに関してもこちらの方がキチンと出せているので安心して聴ける仕上がり。

tr.6 Beautiful
スリリングでちょっと変な跳ね方をするヴァースを綺麗に裏切る甘切ないフックが素晴らしいメロウなアップ。
甘いメロディと攻撃的なリフの自由な組み合わせで感情を揺さぶられる、奇妙な滋味を持った楽曲です。

tr.7 Silence & scars
ライフハウスのデビュー盤に良く似たシンプルかつ内省的なメロウ・ミッド。
売れそうな曲として作ったなら完全に時期外れですが、メロディ、アレンジとも実に素晴らしい出来。

tr.8 Sick sense
安い電子音とエフェクト付のヴォーカルが異色ながらもキレの良いフックで耳を持っていくへヴィ・ミッド。
フックとの落差を生むための重苦しいヴァースはあまり効果的とは言えないのが惜しいトコ。

tr.9 Fly away
粘るグルーヴとキレの良いリフにひねり少なく分かり易いメロディを乗せたハードロック。
退屈な曲ではないですが、今作ではそのひねりの無さゆえに凡曲と言ってしまってイイかも。

tr.10 Behind closed doors
徐々に熱を帯びていくヴァースから即効性の高いフックまでの持って生き方がお見事な楽曲。
ヴァースとフックで大きく印象が変わるのにどちらも出来が良く自然な展開で楽しめる優れた逸品。

tr.11 Welcome to reality
前のめりな楽曲ながらほんのり甘い歌メロで愛想よく聴かせるアップ。
ただ、攻撃的な要素と甘い要素が互いに殺しあっているような気も。

tr.12 Flawed
手数の多いリフに焦燥感を煽られるハードロック。歌メロがクサめなのでメロハーっぽい印象も。
訴求力の高い、というには思い切りが不足していますがしっかりツボは抑えてある良曲です。


前作同様借り物っぽい雑多過ぎる音楽性で焦点が絞れていない印象ですが、音造りには統一感があります。
tr.3Trenchesが飛びぬけて出来が良いとはいえ、駄曲は無いのでアルバムで購入して頂いて問題無いハズ。
ちなみにDMCリミックスはDE盤に収録されているようなので欲しい方はそっちをどーぞ。

Def Leppard / Def Leppard (デフ・レパード)

Def Leppard / Def Leppard
DefLeppard10


80年にデビューし現役で活動中。癌を患ったヴィヴィアンもラスト・イン・ラインの1stを発表しており元気な様子。
ここ十年ほどはオリジナル盤よりもベストやライヴ盤のリリースが増えており、今作は前作から7年振りの作品。

デフ・レパードの10th「Def Leppard」`15年リリース。

tr.1 Let's go
あの頃のままのドラムとギターにハッタリの効いたプロダクションがイカす、へヴィ・ミッド。
フックのメロディがハードなのかメロウなのか中途半端なのでやや印象弱めですが中毒性は高い良曲。

tr.2 Dengerous
これもまた懐かしい質感の音で聴かせるレップスらしさを全面に出したハード・ポップ。
彼ら特有の豪華なコーラスがハマるフックも極めてキャッチィ。この2曲だけで古くからのファンは充分でしょう。

tr.3 Man enough
本人達も自供しているようにクイーン/Another one bits the dustに似せたミッド・ファンク。
ベースが主役のヴァース、切れ味と粘りを兼ね備えたリフがかっちょ良過ぎなフック、どちらも完璧な仕上がり。
従来のサウンド・プロダクションと合わせてやっぱりこのバンドが英国産とはいうのは実に不思議。

tr.4 We belong
まるでボーイズ・バンドのようにマイクを回すヴァースが印象的な、甘く柔らかい質感のメロウ・チューン。
地味ながらも味わい深いメロディを用意しており造りこみも控えめなので、普通のポップスとして通用するでしょう。

tr.5 Invincible
ヴォーカルが全般的にラフな仕上げでギターも軽めでリラックスした印象のポップ・チューン。
音の軽さ意外は割といつも通りの楽曲で疾走感のある爽やかハードロックから尖った部分を取り除いただけ。

tr.6 Sea of love
やや泥臭いロックをレップスならではのサウンド・プロダクションで派手目に仕上げたミッド。

tr.7 Energized
やや内省的ながらもほんのり明るいメロディを柔らかい音で仕上げたメロウ・ミッド。
ストリングスと重ねまくったコーラスでしっかり飾ったフックはゴージャスな印象もあったり。

tr.8 All time high
前のめりに突っ込む歳を考えないハードロック。ヴァースはイマイチながらフックはしっかりキャッチィ。
疾走しつつも色々とわきまえた余裕のある楽曲、かと思ったらギターソロ以降はカッ飛ばしてくれます。

tr.9 Battle of my own
重めのスティール・ギターにエフェクトを施したサビという意外な組み合わせ聴かせる、泥臭いハードロック。
乾いた音と沈んだメロディで渋く決めておきながら、終盤は裏切ってゴリっとハードに仕上げ。

tr.10 Broke 'n' brokenhearted
既聴感ありありのリフとラフに重ねたコーラスでいかにもな仕上げを選択したハードロック。
その一方でギターソロはやや大人しめ。フックもキャッチィですが今作では凡曲気味。

tr.11 Forever young
特に引っかかりの無いハードロックをレップスらしさ薄めで仕上げているのでカヴァっぽく聴こえてしまう曲。

tr.12 Last dance
アコギ中心のシンプルなトラックと滋味あふれる歌メロにたっぷりコーラスを塗した甘切ないバラード。
楽曲の展開にしたがって音を増やして徐々に熱を帯びていくトラックは小賢しくも極上。アウトロも素晴らしい。

tr.13 Wings of an angel
いつもの彼らにブルーズ色ちょい強めの押し引き巧みなミッド。歌メロはイマイチ。
ギターソロも派手さと渋さの折衷になっているようで、ブルージーかつヒステリックなイイ感じの湯加減です。

tr.14 Blind faith
珍しくどよ~んと沈み込んだまま浮かび上がってこない重苦しいスロウ。それでいてメロディは極上。
暗い雰囲気の中でもサビやギターは仄かに甘く切なくやるなせい、アリス・イン・チェインズに似た楽曲です。
一応終盤はデフレパードらしい音も用意してはいますがそれがなくとも素晴らしい逸品。


「Hysteria」再び、というよりも楽曲の多彩さを考えると「Slang」の復讐、あるいは両者の中間といった印象。
デフ・レパードでしかありえない曲とらしくない曲が混在しておりより力が注がれているのは後者のように思えます。
終盤数曲いらん曲がある気もしますが、スキップせずにしっかり聴ける楽曲を揃えており傑作なのは間違いないでしょう。

Burn Halo / Burn Halo (バーン・ヘイロー)

Burn Halo / Burn Halo
BurnHalo1


元18ヴィジョンズのジェイムス・ハートを中心に結成された米国産ハードロック・バンド。
デビュー盤には2曲でアヴェンジド・セブンフォールドのシニスター・ゲイツも参加。

バーン・ヘイローのデビュー盤「Burn Halo」`09年リリース。

tr.1 Dirty little girl
キレッキレのドラムにスリージーなギターとイイ感じに焦げたヴォーカルが乗る、即効性抜群のアップ。
リード・ギターにシニスターが客演、ダーティでシェクシーな楽曲に仕上がっております。

tr.2 Save me
一転して泥臭いリフを引きずる、ブルージーなへヴィ・ミッド。
ヴァースの歌メロはちょうどイイ感じですが、サビの方はちょっと間延びし過ぎかも。

tr.3 Here with me
またも違う雰囲気、爽やかなギターとメロディを用意した甘口のポップ・ミッド。
透明感のある要素に対してヴォーカルの煙たい声のミスマッチもイイ感じ。

tr.4 Too late to tell you now
軽めのアコースティック・ギターをフィーチュアし素晴らしいメロディを用意したメロウ・ミッド。
感動的な仕上げのためにストリングスとピアノを使っており、終盤のストリングスはちょっと邪魔臭いです。

tr.5 So addicted
ダルめのギターとメロディでありながらメリハリも付けた聴き易いスリージー・ロック。
ジェイムス・ハートの煤けたヴォーカルに非常に良く合っており、耳に残る楽曲。

tr.6 Dead end roads & Lost highways
古典的なアメリカン・ハードロック。引っかかりがまるでなくちょい退屈。

tr.7 Saloon song
ヴァースはアコギ主体で、フックは力強く聴かせるスロウ。メロディも素晴らしい極上の逸品。
ストリングスは入ってませんが、終盤はコーラス・ワークの小細工が効いて甘切なさ3割増し。

tr.8 Our house
歌メロは愛想が不足気味ながら、前のめりな疾走感とリードギターで聴かせるアップ。

tr.9 Fallin faster
弦の擦れる音を残したアコギが甘いスロウ。プリ・コーラスがニッケルバック風味。
ただ、なんかこの曲だけ妙にリード・ヴォーカルが下手っぴぃなんですが。

tr.10 Anejo
シン・ゲイツがギターだけでなく作曲にも関与しているメロディアスなハードロック。
バウンシーなリフに臭みの強いリードギターと歌メロで他の曲とは明らかに違う雰囲気です。

tr.11 Back to the start
意外にもちょっと爽やかなヴォーカルが聴けてしまう、しょぼくれ系のスロウ。
ストリングスが所々で大仰に聴こえますが、そこ以外はかなり良い出来だと思います。

tr.12 Gasoline
スケール感の大きいイントロとほんわか系の歌メロを持った爽やかポップ・ミッド。
アウトロがちょっと冗長なんですが、サビの分かり易さ即効性も優れておりアルバムの〆としては非常に贅沢。


メロディの良さとヴォーカルの声質を生かし切れていない楽曲に疑問はありますが、概ね満足できる良作。
ざらついた質感の音と声、親しみ易い歌メロをアップからスロウまで偏ることなく用意した充実のデビュー盤。
チューブあたりでtr.1を試聴して気に入ったらアルバム毎購入で問題無いでしょう。
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。