スティ~ル・パンサーのチープトリック・カヴァ。

もうすぐ発売されるスティール・パンサーの新作に収録されるっぽいチープのカヴァなんだけど、



サビ部分は本家チープ・トリックのロビン・ザンダーがご登場。
元曲由来の小ネタ満載、おぱいもちょっと出るPVで新作の下品さに期待できますね。やっふぅ。
スポンサーサイト

Charlie Wilson / In It To Win It (チャーリー・ウィルソン)

Charlie Wilson / In It To Win It
CW8


定番ネタ"Outstanding"を生み出したギャップ・バンドのメンバー。芸歴45年、御年64歳の大ヴェテラン。
若手との共演にも積極的で今作では6人の豪華なゲスト陣を引き連れて帰ってきました。

チャーリー・ウィルソンの8th「In It To Win It」`17年リリース。

tr.1 I'm blessed
T.I.をフィーチュアし、The Cartoonsというプロデューサー・チームが制作したほんわかポップ・ミッド。
シンプルなビートと清潔感のある音にT.I.が曲に溶け込み過ぎてしまった感がありますが、良曲。

tr.2 Chills
緩急自在な主役のヴォーカルを堪能できる、押し引きと即効性に優れたメロディを持ったメロウ・ミッド。
制作は御馴染みグレッグ・パガーニ、タイトルに合わせてか濃厚さは控えめながら素晴らしい仕上がり。

tr.3 Good time
ピット・ブルが客演したかなり明るいパ~リ~チュ~ンに仕上げられたアップ。ギャップ・バンド風かも。
凄いのはトークボックスとヴォコーダーにテディ・ライリー、ギターにはレイ・パーカーJr.を招いているところ。
トラックの主役はホーンなので随分と贅沢なゲストの起用です。制作は前述のカートゥーンズ(多分同名バンドとは別)。

tr.4 Us trust
ウィズ・カリファをフィーチュアしたかなりシンプルで静謐な雰囲気の漂うスロウ。
トラック以上にフックが単調過ぎて弱い印象がありますが、カリファのラップが素晴らしいアクセントに。

tr.5 Precious love
クラシック・ソウル風のトラックに張りのあるヴォーカルを乗せた安定感抜群のスロウ。
カートゥーンズによる柔らかい音の上で手加減しない濃厚なリードをしっかり聴かせてくれます。

tr.6 Smile for me
ロビン・シックをゲストに迎えたオールディーズ風トラックとメロディが素晴らしいメロウ・ミッド。
制作はパガーニですが、オルガンとロビンの相性が良過ぎてチャーリー叔父さんが喰われているような。

tr.7 In it to win it
パガーニ制作でtr.6に近い方向性の楽曲。ゲスト無しですが華のある声を持つチャーリーなので地味ではありません。
メロディが若干明るく分かり易いぶん、tr.6より派手に聴こえる程。

tr.8 Dance tonight
バウンシーかつシンプルな極めて分かり易いファンク・チューン。ただ、フックはあまりにも単調。惜しい。

tr.9 Made for love
ワーリー・モリス制作で、ダニー・ハサウェイの娘さんレイラ・ハサウェイをフィーチュアしたこってりスロウ。
感動押し売り型のバラードゆえに際立ってしまう叔父さんの歌の凄味に加えギターソロもなかなか効果的。

tr.10 Better
素朴にはねるギターが可愛い、レイドバック・チューン。語るような歌でコーラス等による装飾も一切なし。

tr.11 Gold rush
Gラップ界のゆるキャラにして甥っ子であるスヌープが客演、パーカッション主体のメロウ・ミッド。
やや緊張感のあるトラックとスヌープに対して叔父さんはリラックス気味ながらクールな仕上がり。

tr.12 New addiction
J.R.Rotemという方が制作、ギターにレイ・パーカーJr.を迎えたモータウン風の明るいポップ・ミッド。
ブリッジで一瞬力む以外は終始リラックスしており、もう少し派手目の仕上げでも良かったかな、と。

tr.13 Amazing god
ワーリー・モリス制作のゴスペル。ゴリゴリ系では無く爽やかな味付けで聴き易い。
メロディ、トラック、歌唱共に柔らか仕立てで耳にやさしい反面、終盤の盛り上げは不足気味。


前作「Forever Charlie」よりもソウル味が大幅に増えて従来の安心感を取り戻した作品。
凡曲はtr.8くらいでメロディ、プロダクションの質、楽曲のバリエーションも上々。ただ、主役の歌に熱が足りない気がします。
御歳の事を考えるとちょっと心配ですが、1曲で充分なので次の作品ではアゴが砕ける程の熱唱を期待しております。

Suchmos / The Kids

Suchmos/The Kids
サチモス2


`15年にデビュー、アシッド・ジャズ風の音が新鮮だったのか、あっという間にオサレ・キッズの注目の的に。
スタジオ・ワークを駆使した音を多分に含みながらも、DJ含む6人編成でミクスチャーロック的な見た目のバンド。

Suchmosの2nd「The Kids」`17年リリース。

tr.1 A.G.I.T.
どろっとブル~ジ~なギターが印象的、ピアノとスクラッチでアクセントを付けた気だるいメロウ・ミッド。
イイ感じに力の抜けた心地良い楽曲ですがブリッジ以降はハッタリのキツイ展開で、ちょっと残念な仕上がり。

tr.2 Stay tune
TVCMにも採用された即効性抜群のオサレなミッド・ファンク。サチモスにしては歌メロの愛想もかなり高め。
エッジを立てすぎないまろやかなファンクネス漂うトラックは絶品。ただコレも蛇足気味のくどいアウトロが。

tr.3 Pink vibes
軽めにハネるベースとギターに甘いシンセが効いたトラックに単純なフックを乗せた分かり易いメロウ・ミッド。
雑なヴォーカルと好対照なせいかヴァースのスムースジャズ的なトラックは今作では一番オサレに聴こえるかも。

tr.4 Tobacco
すっとぼけた音のシンセとハモンド風シンセが耳に残る、ホンワカ系ポップ・ミッド。
歌メロ、トラック共に分かり易く、コーラスの装飾も巧いですが、一番の聴き所はシンセ・ソロ、かな。

tr.5 Snooze
クレジットによるとATCQ/Stressed out(元ネタはアニタ・ベイカー)を使用しているサイケデリックなミッド。
ネタ元とは似ても似つかぬ不穏な音を重ねまくったドロドロ系なので、ちょっとお金が勿体ない。
レコード会社の人が可愛そうなのでサンプリングを使うならもうちょい売れ線の曲でやった方が。

tr.6 Dumbo
重く暗く沈めたリフとメロディに、手数は少なくとも効果絶大なピアノを乗せた中毒性の高いミッド。
単調さが魅力のトラックを用意しながら、ここでもアウトロがうるさい。

tr.7 Interlude S.G.G.4
1stEP盤収録のモノは未聴ですが、3作中では今作4が抜群に出来が良いと思います。
緊張感と浮遊感漂う素晴らしいバランス、しょぼくれた甘さの前半にスケールを大きくする後半。小品ですが完璧。

tr.8 Mint
恐らくロック・ファンよりもソウル・ファンにこそより強い訴求力を発揮するであろう極上ミッド・ファンク。
心地良いシンセ、コーラス、歌メロ、滑らかなギター、甘くメロディアスなベース、締りの良いドラム。
単調なままでしっかり押し切ったアウトロも好みですが、楽曲全体の隙間がとにかく素晴らしい。

tr.9 Sea weed
クサの歌、ではなくて海藻の歌。わかめちゃんとかの方です。あっち方面でやらかさないよう、切に願います。
楽曲はちょいバウンシーなファンク・チューンで陽性のフックもあって楽しいポップ・ミッドに仕上がっています。
パーカッションにYoung & Company/I like といいいますか、DJクイックの例のヤツを使用しているような。
終盤のアレンジはしつこいですが自分好みの出来なので全く文句はございません。もっとしつこくてもイイ。

tr.10 Are we alone
御茶目なピアノとだらしないコーラスが鬼キュ~トなゆるふわ系のレイドバック・チューン。
なげやりにハズしたフックのため一般的な訴求力は欠けていますが、今作では最もポップな出来でしょう。
浮遊感と即効性に優れた非常に出来の良い曲ですが、うるさく退屈なだけのブリッジは、邪魔。いりません。

tr.11 Body
ジャミロクワイ/Virtual insanityに似た音を詰め込んだメロウ・ミッド。限界まで本家に挑んだ意欲作。
ピアノなんかはアウトな感じがしますが、ココまで似せられる実力がある事の証明には成功しています。


"Mint"の出来が良過ぎたのでアルバムにはあまり期待していませんでしたが、tr.7はじめ良曲盛り沢山。
無駄に音量上げたようなアレンジがちょくちょく出る点を除けば、おはようからおやすみまで暮らしを彩ってくれる逸品。
心配なのはTV、カラオケ向けの楽曲が一曲くらいはあった方がビジネス的な意味でいいのでは、といったトコくらいでしょうか。
デビュー盤と比べてあらゆる部分での成長が窺えるので、前作が合わなかったという方も聴いてみる価値はあるかと。

Sixx: A.M. / Prayers For The Blessed (シックス・エー・エム)

Sixx: A.M. / Prayers For The Blessed
SixxAM5


ジェイムス、ニッキー、アシュバによるHRバンドの前作「Prayers For The Damned」の続編にあたる作品。
音楽的にはともかく、サポートのドラマー、2人の女性コーラスも揃えてビジュアル的にはモトリーっぽくなってます。

シックスA.M.の5th「Prayers For The Blessed」`16年リリース。

tr.1 Barbarians
冒頭のSEがちょっと邪魔ですがオープニングに相応しい勢いと即効性のあるメロディアス・ハード。
フロンティアズ系のメロハーに似てはいますが、リフがロケンロ~なのでアメリカンな味わいもあります。
アシュバのギターソロもたっぷり用意しておりインパクト充分な楽曲。

tr.2 We will not go quietly
キレとズルズル感を兼ね備えたトラックが抜群にイカす、へヴィ・ミッド。
パーカッシブなヴァースの歌メロでちょっと不安にさせますが、力強いメロディのサビを用意。

tr.3 Wolf at your door
腰の落ちたグルーヴとバウンシーなリフのヴァースからヒステリックなフックへ展開するへヴィ・ミッド。
メロディ自体は甘口ながら女声コーラスが効果的で攻撃的な仕上がりに。〆もコンパクトでイイ。

tr.4 Maybe it's time
冷たい質感のアコギにジェームスのビブラート過剰な寒い声が映える甘辛いスロウ。
トラックの装飾のわりに抑制の効いた品の良いメロディでギターソロも弾き過ぎず、大人の仕上がり。

tr.5 The devil's coming
縦にガンガン押してくるザックザクのリフとドラムが勇ましいアニメちっくなハードロック。
歌メロもトラックに合わせてドラマチックで甘め。

tr.6 Catacombs
DJアシュバのソロ。一分ちょいのシンプルなモノですが、かなりインパクトのある出来だと思います。

tr.7 That's gonna leave a scar
前のめりに疾走しつつもリフとベースでグルーヴも確保したヴァースと甘目のフックで構成されたHR。
ブリッジのギターソロも勢いと甘さを両立。tr.5と似てますがややこちらの方が出来がイイような。

tr.8 Without you
モトリー、ではなく、バッドフィンガーの人気曲のカヴァ。選曲がちょっと保守的過ぎますが良い仕上がり。
ヴァースのしょぼくれ感は原曲寄り、サビの過剰な盛り上げっぷりはマライア寄り、で両者のイイトコ取り。
彼らならではの部分としてはドラムとギターでハードロック然とした佇まいの演出に成功しています。

tr.9 Suffocate
掴みどころのイマイチ分からないアコギ・リフのヴァースとパワフルなフックの対比が印象的なハードロック。
凡庸なメロディをアレンジで強引にインパクトのある楽曲に仕立てた、ような。

tr.10 Riot in my head
こちらもアレンジの力が更に際立つメロウ・ミッド。メランコリックでへヴィな楽曲。
ブリッジではロック・オペラというかミートローフっぽいスケールの大きなコーラスが素晴らしい。

tr.11 Helicopters
ジェームスのしょぼくれた歌と爽やかなコーラスの落差が大きいスロウ。
メロディはちょっと弱いですがギターソロがしっかりカヴァーしており確かな聴き応えがあります。


前作よりもファットなプロダクションで愛想の良いメロディも揃えた超安定盤。
終盤メロディ、リフの質が悪くなりますがアレンジでがっつり聴かせるあたりは老獪です。
アシュバが適時良質なソロをしてくれるのでバンドとしての厚みも出た充実作。前作と合わせてどーぞ。

チャーリーおじさん新譜購入。

ザ・ギャップ・バンドで数々のクラシック・ファンクを生み出し
アーロン・ホールに多大な影響を与えた
スヌープの叔父さん、ことチャーリー・ウィルソンの新譜が出たのでゲトりんグ。

Charlie Wilson / In It To Win It
CW8

まず目を引くのが豪華なゲスト。
スヌープは当然、先行シングルでお披露目済みT.I.、ピットブル、ウィズ・カリファ、
更にロビン・シックとララ・ハサウェイ

↓ロビン・シックと。上品な甘さとヴィンテ~ジ感がタマラン。ロビンさん、イイ仕事っぷり。


中身の方は力を抜いた軽めの歌唱と楽曲中心でスムース・ジャズ寄りのアルバムかな?といったトコ。
ポップ過ぎずソウル過ぎず、落ち着いた印象。とりあえずはアタリの予感。
レビューはこちら。
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

heyzo

Author:heyzo
レビューするよ。